【現場画像あり】金井高校の自殺理由はいじめが原因か?飛び降りた男子生徒も判明?神奈川県横浜市栄区にある県立高校で男性が転落死

この記事は2分で読めます

14日午前6時45分頃、横浜市栄区の神奈川県立金井高校の中庭で、頭から血を流し、あおむけで倒れている男性が見つかり、学校が臨時休校になるなど、波紋が広がっています。

スポンサーリンク

生徒が校舎から転落か、高校の中庭で男性死亡

読売新聞が、以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

14日午前6時45分頃、横浜市栄区の神奈川県立金井高校の中庭で、頭から血を流し、あおむけで倒れている男性が見つかり、警備員が119番した。

 栄署によると、同校の生徒とみられ、現場で死亡が確認された。男性は私服姿で、5階建て校舎の屋上で持ち物とみられるリュックサックが見つかった。現場の状況などから、同署は校舎から転落したとみて、身元の確認を進めている。

 県教育委員会は14日、同校を臨時休校とした。

出典:読売新聞

 

事故現場の金井高校とは?

自殺を図ったとされる事故現場は、神奈川県横浜市栄区にある、神奈川県立金井高校という高校です。

金井高校は1975年設立の公立学校で、神奈川県横浜市に所在しています。

学業というよりは、伝統的に部活動が盛んな学校であり、バスケットボール部は全国大会に出場するなど、その実力は確かなものです。

学科は普通科しか設置しておらず、地域や近隣社会と密接に関わりを持った食育に力を入れてるのも特徴です。

健全な食生活を実践し、自己管理能力を高め、はつらつとした社会生活を営める人材を育むことを目的としており、地域と密着しながら、人情味溢れる人材を排出していることでも知られています。

ちなみにOBには、現浦和レッズ所属で日本代表のMFでもある遠藤航選手などがいます。

事故が起きたとされるのは、生徒が登校し始める午前6時45分頃で、5階建ての校舎の屋上から飛び降りたとされています。

 


スポンサーリンク

 

事故の原因はいじめによる自殺か?

この事故の原因は一体なんだったのでしょうか?

学校の生徒が授業開始前の早朝に、私服で飛び降りをするということは、”学校で”自殺をしようと考えていた意志の表れとみて間違いないでしょう。

さらに、金井高校は屋上を開放はしておらず、なんらかの理由で生徒が屋上の鍵を手に入れ、飛び降りた可能性もあります。

また、遺書などは見つかっていませんが、わざわざ学校に来て自殺を図っていることから、ネット上ではいじめが原因であるのでは?との見解が多く寄せられています。

警察が調べを進めておりますので、この辺りに関して詳し情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【現場画像あり】武岡台高校の自殺理由はいじめが原因か?飛び降りたJKも判明?鹿児島県で高3の女子生徒が授業中に転落死

 

error: You never click here!!