【現場画像あり】城陽高校の自殺未遂の理由はいじめが原因か?飛び降りた男子生徒も判明?京都府城陽市にある府立高校で男性が転落し、大怪我

この記事は2分で読めます

京都府城陽市寺田にある府立高校で今月11日に、男子生徒が校舎から転落する事故が発生し、警察では事故と自殺未遂の両方で調べていることが明らかとなりました。

スポンサーリンク

校舎3階から転落、高1男子が重傷

京都新聞によれば、京都府城陽市にある府立城陽高校の男子生徒が3階校舎から転落をしたとのことです。

京都府城陽市寺田の府立城陽高で11日、校舎3階から1年の男子生徒(16)が転落し、右腕と右足を骨折するなどの大けがを負っていたことが14日、同高への取材で分かった。

城陽高の説明では、生徒は1時間目の始まる午前8時40分ごろ、校舎3階にある廊下側の窓付近に一人でいた。その後、転落しているのを、向かいの校舎にいた生徒が目撃した。生徒はコンクリート面に落ちて内臓も損傷しており、現在も入院している、という。

城陽高によると、窓には転落防止用の手すりが付いていた。同高は、原因を調査する。

出典:京都新聞

 

事故現場の京都府立城陽高校とは?

未遂に終わりましたが、自殺を図ったとされる事故現場は、京都府城陽市寺田宮ノ平にある、府立城陽高校という高校です。

城陽高校は1971年に設立された、公立の共学校で、京都府立城陽市に所在しています。

学業優先というよりは、部活動に力を注いでいる傾向にあり、サッカー部は1994年、2004年、2005年の3度に渡って全国大会に出場するなどその実力は確かなものです。

学科は普通科しか設置しておらず、進化(深化)する城陽をモットーに全校生徒がのびのびと学習できる環境を整えているのも特徴です。

噂程度ですが、生徒と先生の距離はあまり近くなく、親身になってくれないとの口コミ情報も入って来ています。

事故が起きたとされるのは、2017年9月11日の午前8時40分頃で、1時限目が始まる直前だったといいます。

 


スポンサーリンク

 

事故の原因はいじめによる自殺か?

この事故の原因は一体なんだったのでしょうか?

城陽高校に通う生徒が、授業開始の前に廊下側の窓際付近に居たということで、”学校で”自殺をしようとした意思の表れとみて間違いないでしょう。

さらに、転落防止用の手すりがついていたことから、誤って転落した可能性は低く、未遂に終わりましたが、自殺を図ったことは濃厚だと思われます。

また、遺書などは見つかっていませんが、授業開始時間に飛び降りをしている点などからも考えて、ネット上ではいじめが原因であるのでは?との見解が多く寄せられています。

何れにしても、警察が調べを進めておりますので、この辺りに関して詳し情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【現場画像あり】金井高校の自殺理由はいじめが原因か?飛び降りた男子生徒も判明?神奈川県横浜市栄区にある県立高校で男性が転落死

 

error: You never click here!!