【現場画像あり】武岡台高校の自殺理由はいじめが原因か?飛び降りたJKも判明?鹿児島県で高3の女子生徒が授業中に転落死

この記事は2分で読めます

12日午前、鹿児島市小野町の鹿児島県立武岡台高校で、3年の女子生徒が4階建て校舎から転落し、同日、搬送先の病院で死亡が確認されました。

スポンサーリンク

授業中に高3女子が飛び降り自殺か

産経WESTが以下のような記事を報じ、話題となっています。

12日午前、鹿児島市小野町の鹿児島県立武岡台高校で、3年の女子生徒が4階建て校舎から転落し、同日、搬送先の病院で死亡が確認された。学校が13日、明らかにした。県警が自殺と事故の両面で、当時の状況などを調べている。

学校によると、女子生徒は4階建ての校舎からコンクリートの地面に落下した。当時は2時間目の授業中で、授業の行われている部屋とは別の場所から転落したとみられる。履物を履いておらず、使用していたとみられるスリッパが校舎内で見つかった。欠席は少なく、いじめや進路の悩みは把握していないという。

校舎の外壁を工事していた関係者が「ドン」という音を聞き、意識のない状態で倒れているのを発見、学校関係者が午前10時ごろ119番した。

出典:産経WEST

 

事故現場の武岡台高校とは?

自殺を図ったとされる事故現場は、鹿児島県鹿児島市小野町にある、県立武岡台高等学校という高校です。

設立年が1987年と鹿児島県の県立高校の中では、2番目に新しい学校であり、その偏差値は62と県内でもトップクラスの進学校でもあります。

普通科と情報科学科の2種類の学科が用意されており、外国人留学生の受け入れ等を通して、グローバルな視野を持ち、人のために尽くす心豊かな人材の育成を目指しているのも特徴です。

文武両道がモットーであり、部活動も盛んで、書道部・卓球部・美術部・放送部・女子ホッケー部などは全国大会への出場経験もあるほどの実力があります。

事故が起きたとされるのは、2017年9月12日午前10時頃で、武岡台高等学校の4階建ての校舎から、飛び降りたとされています。

 


スポンサーリンク

 

事故の原因はいじめによる自殺か?

この事故の原因は一体何だったのでしょうか?

学校側は「いじめや進路の悩みは把握していない」との見解を示していますが、履物を履いておらず、また授業中の飛び降りということもあり、自殺を図った可能性があるとして操作は進められています。

また、飛び降りの原因については、報道機関の発表では詳しいことは明らかになっていない一方で、Twitterなどからはいじめが原因なのでは?とのコメントも多く寄せられています。

詳しい情報は明らかとなっていませんが、情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【現場画像あり】愛知啓成高校の自殺理由はいじめが原因?飛び降りたJKも判明か?愛知で高校1年の女子生徒が飛び降り、意識不明の重体

 

error: You never click here!!