奥田敦教授に洗脳されていた斉藤菜穂(仮名)の正体が判明?本名やFacebook、顔画像についても!慶應義塾大学の教授が女子大生を洗脳し不倫をしていると週刊新潮がスクープ!

この記事は2分で読めます

慶應義塾大学の奥田敦教授が女子学生を洗脳した挙句、不倫までしていると週刊新潮が報じ、世間に衝撃が走っています。

スポンサーリンク

慶応大教授が女子大生を「洗脳」不倫

デイリー新潮が報じた記事によりますと、慶應義塾大学の奥田敦教授が女子学生と不倫していたことが明らかとなったのです。

日本の“私学の雄”慶応義塾大学で、教授が女子学生と不倫していた。しかも、教授は立場を利用して一方的に学生を洗脳。それを大学は見て見ぬふりで……。

慶応大学2年生の斉藤菜穂さん(21)=仮名=に、アラビア語などの講義を担当する総合政策学部・奥田敦教授(57)が接近し始めたのは、昨年の秋だった。

出典:デイリー新潮

 

奥田敦教授の不倫内容は?

慶應義塾という私学の雄で起こってしまった不倫騒動。

この奥田教授と不倫関係にあったとされるのが、斉藤菜穂(仮名)さんという人物です。

菜穂さんの母親によれば、菜穂さんは奥田教授に勉強に集中するように言われてサークルも辞め、帰宅も遅くなり、“研究室に泊まるから”と、自宅に帰らないことも増えたのだそうです。

2人きりで沖縄に旅行に行くなど不倫の事実はさることながら、さらには「先生とだったら世界征服もできそう」「死ぬのが怖くなくなってきた」と、菜穂さんを洗脳し、不倫関係に陥っていたことも明かされています。

また、菜穂さんは完全に奥田教授の依存症と診断されており、奥田教授なしでは生きていけない状態にまでなっているのだとか。

奥田教授は常習犯で、過去にも自身のゼミ生に同様のことをしているため、今回の不倫は初めてではないこともほのめかしています。

 


スポンサーリンク

 

斉藤菜穂とは?

では、この斉藤菜穂(仮名)さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

デイリー新潮によれば21歳の慶應義塾の女子大生であり、奥田教授のゼミ生であることが公開されています。

さらに、通っていたとされる”研究室”は奥田教授の所有するマンションであり、おそらく肉体関係もあったのものと思われます。

顔写真や本名などは公開されておりませんが、慶應義塾大学SFC奥田敦研究会に属していたとされるため、特定されるのは時間の問題かと思われます。

このことに関して何か情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

この研究室では、アラブ・イスラーム圏文化社会研究を主に行なっており、イスラムの原理主義的な教えを奥田教授によって洗脳されていた可能性もあり、非常に恐ろしい研究室なのでは?との噂も立っています。

 

奥田敦教授について

奥田敦教授のプロフィールがこちらです。

名前:奥田敦

年齢:57歳(1960年生まれ)

出身:神奈川県

学歴:中央大学法学部卒業

職業:慶應義塾大学総合政策学部教授

肩書き:イスラム教徒

奥田教授の専門はイスラム法およびその関連領域です。

自身もイスラム教徒であり、アラビア語教育やイスラムの教えに関する教育に力を注いでいます。

結婚もしており奥さんもいますが、その家庭は崩壊しているとされ、今回の一連の不倫騒動でさらに状況は悪化することでしょう。

問題なのは、この洗脳不倫の事実を知っておきながら慶應義塾大学側は黙認をしていたことです。

菜穂さんの母親が再三大学側へ訴えていたにも関わらず、この事態を放置していたわけですから、この問題で一番責任があるのは大学側であるといっても過言ではありません。

何れにしても、女子学生を洗脳した挙句に不倫までするという前代未聞の事件に、世間に与える衝撃は大きくなりそうです。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像あり】光野恭平の顔やミスター慶應SFC時代の写真判明!相手の女性が綺麗で触りたいと思った!慶應大学に通う学生を強制わいせつ未遂の容疑で逮捕!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを