犯人の正体が判明か?千代田区で神田多町で殺人事件発生!淡路町、神田駅近くのマンションで男性が左胸を刺され死亡!

この記事は2分で読めます

10日午前0時15分ごろ、東京都千代田区神田多町のマンションで殺人事件が発生しました。


スポンサーリンク

千代田区で男性刺され死亡

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

10日午前0時15分ごろ、東京都千代田区神田多町のマンションで、女性から「早く来てほしい」と110番通報があった。40代の男性が室内で血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁神田署が近くにいた30代の女を殺人未遂の現行犯で逮捕し、詳しい状況を調べている。女は「口論になり、包丁を振り回していたら左胸に刺さってしまった」と話しているという。

現場は東京メトロ淡路町駅近くのマンションの一室。

出典:産経ニュース

事件があったとされるのは、東京メトロ丸ノ内線・淡路町駅の南東、JR神田駅の北西に位置する地域の路上です。

警察は、殺人未遂事件として操作を始めていますが、つい先日の8月7日にも同じく千代田区内で20代の女性が刃物で刺される事件が発生しており、現場周辺では不穏な空気が漂っているそうです。

 

犯人は?

逮捕された女性ですが、なぜか氏名の公表はされておりません。

さらには、顔写真などの身元の特的に繋がる情報は一切公開されておらず、ネット上からは「何か裏があるのでは?」との指摘もされています。

現時点でわかっているのは、33歳の女性という点で、死亡した男性とは同居していた可能性があるということぐらいです。

警察官が現場に到着した際、部屋の中に居た女から事情を聴いたところ、事件当時の状況について「喧嘩になり包丁を振り回していたら男性の左胸に刺さった」などと供述しているため、男女間で何らかのトラブルがあったとみて、操作を開始しています。

続報です↓

殺人の疑いで逮捕された自営業の大熊成錦容疑者だそうです。

なぜ氏名が公開されないのか?

実名報道で名高い産経新聞ですら、今回の殺人事件の犯人を”30代の女”という表現で報じています。

これには何かしらの裏事情があり、氏名を公表できない可能性があります。

例えば、刺した女性が大手広告代理店の関係者であり、圧力によって実名の公開が出来なかったり、刺した女性が警察の身内で、事件をもみ消そうとしているなどが考えられます。

容疑が固まっていない状態だったので、実名での報道はしていないのでは?との指摘もありますが、それであればなぜ固まってから報道しないのでしょうか?

何れにしても、マスコミには一刻も早く実名や顔写真の公開をしてもらいたいものです。

これに関し、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

【画像】汐田雄介容疑者の顔写真判明?被害女性のFacebookや犯行動機も?大阪フレッシュベーカリー神戸屋阪神梅田店で通り魔!男が殺人未遂の容疑で逮捕!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!