【顔画像】伊藤英治郎が暴行した店が判明!キックボクサーは自称?キャバクラ経営にも携わっていた!

この記事は2分で読めます

「19歳の娘がキックボクサーに撲殺されたと」と母親が告白したことを文春オンラインが発表し、話題となっています。


スポンサーリンク

キックボクサーに撲殺された

文春オンラインが以下のような記事を発表し、世間に衝撃が走っています。

7月4日、港区新橋のキャバクラ「A」に勤めるホステスの与島稜菜さん(19)が、1時間にわたる暴行を受け、意識不明の重体となった末、10日に死亡していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

近隣からの110番通報を受け駆け付けた警察官に抵抗し、公務執行妨害で逮捕されたのは、店の経営に関わる伊藤英治郎容疑者(31・後に傷害容疑で再逮捕)。伊藤は都内のキックボクシングジムに通っていた。

「その日、英治郎さんは友人と来店して客席でどんちゃん騒ぎ。他の一般客はドン引きしていました。それをミナミ(稜菜さんの源氏名)は咎めたんです。客が帰ると彼は激高してミナミをロッカールームへ連れて行った。鈍い音と共に彼女の悲鳴が聞こえ、覗くと抵抗する彼女の髪を引っ張り、馬乗りになって顔を殴ってて……」(店のスタッフ)

伊藤容疑者は5月頃から稜菜さんを店の寮に住まわせ、シフトを厳しく管理し、友人との接触を禁止。自分の立場を利用して恋人になるよう迫った。稜菜さんは2歳の子を持つ未婚のシングルマザー。16歳で出産し、金銭的に苦労が絶えなかったという。稜菜さんの母親は涙ながらに胸中を告白した。

「対面しても娘だとわからないほど変わり果てていて、夫は涙を流し崩れ落ちました。子供(孫)がもうすぐ3歳で娘が20歳になるから、来年は七五三と成人式が一緒にできるって楽しみにしていたんです。結婚式だってしてないのに殺されたんです。葬式が先だなんて……」

事件の詳細と、母親の告白動画は「週刊文春デジタル」で7月27日(木)に公開する。

出典:文春オンライン

 


スポンサーリンク

 

伊藤英治郎とは?

伊藤容疑者のプロフィールがこちらになります。

名前:伊藤英治郎(いとう えいじろう)

年齢:31

職業:キックボクサー

伊藤容疑者は、プロデビューなどはしていない、ジムなどでトレーニングを積んでいるあくまで自称キックボクサーです。

調べによると、プロとしてデビューをしているのなら何かしらの結果や成績が残っているはずなのですが、そのようなものは見当たらないため、プロではないことが判明しています。

しかし、プロではないにしろ、キックボクシングのトレーニングを積んでいる訳ですから、パンチやキックの威力は一般人に比べたら相当なものでしょう。

格闘技を暴力に使うことは許されません。

さらに、キャバクラの経営に関わっていたとの情報も出てきています。

 

暴行があった場所は?

暴行があったお店の名前を調べてみると、港区新橋にある「Blue Honey (ブルーハニー)」というお店ではないかと?噂になっています。

文春によればキャバクラとの表記ですが、カラオケやダーツなどもあり、一種のエンターテイメントを満喫できるクラブのような感じにも見受けられます。

しかし、ネット上では”M”がつくキャバクラという噂がありますし、「Blue Honey」には”M”はつかないため、どちらが正しいのかはっきりと分かっていません。

伊藤容疑者はここの経営にも関与している可能性があるため、これに関して詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

声優の浪川大輔の不倫相手が判明か!?浮気相手の元キャバ嬢の顔画像や写真は?結婚した嫁と子供は?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを