蓮舫が中国のSNS「微博」で公式アカウントを運用し、35万人ものフォロワーを獲得!

この記事は3分で読めます

 

民進党の蓮舫代表が、中国で人気のSNS「微博(ウェイボー)」で公式アカウントを運用し、35万人ものフォロワーを引き連れているという事実が判明しました。


スポンサーリンク



蓮舫氏が中国でSNSを活用

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@34maさん。

投稿によると、民進党代表の蓮舫氏が中国でSNSをやっているとのことです。


そして、こちらが蓮舫氏のアカウントです。

こちらのSNSは「微博(ウェイボー)」といい、FacebookやTwitterへのアクセスが禁止されている中国本土で、絶大な人気を誇る中国独自のソーシャルメディアです。

アカウントは「蓮舫_sha」という名前で登録されていて、日本の政治家だという自己紹介文の記載もあります。

アカウントには公式マークもついており、フォロワーはなんとおよそ35万人もいるのです。

日本在住の政治家で、ここまで中国本土で勢力を拡大しているという方はほとんど耳にしません。

しかし、こちらのSNSは中国政府に監視されていますし、何のために蓮舫氏が公式アカウントを作成し、運用しているのかはよく分かりません。

おそらく、中国人のファンを増やし、将来的に何か役に立てようという魂胆があるのでしょう。

 

蓮舫氏が中国へ移住か!?

日本人は誰も気づいていなかった蓮舫氏の中国での工作活動に対し、異変に気づいて報告してくれたのは@34maさんの友人である中国人の方です。

これだけ日本国内から嫌われている戸籍不明の政治家が、こっそり中国で勢力を拡大しようとしていたらおかしいと思うのは当然でしょう。

ちなみに蓮舫氏は、お子さんにも中国人のような名前をつけています。

日本での居場所がなくなったら、家族揃って中国へ移住するつもりなのかもしれません。

日本の機密情報を手土産にすれば、中国政府は喜んで受け入れてくれるでしょう。

 

蓮舫氏の微博(ウェイボー)での投稿

蓮舫氏は微博(ウェイボー)で一体どのようなことを投稿しているのでしょうか?

投稿の中でも印象的なものをいくつかご紹介します。

1.東京に春が来ました

この投稿では「東京の桜が咲きました。綺麗!春が来ましたね」といったコメントを残しています。

2.安倍首相が理解できません

こちらでは、「本日の中国日報を拝見しました。私も安倍総理の考えが全く理解できませんし、安倍総理の姿勢は日本人の全ての意見ではありません。我々はやはり、平和を追い求めなければならないと思います」と、安倍首相への批判的なコメントを残しています。

3.もっと中国に居たい

こちらの投稿では、「東京に帰ってきました。もっと中国に居たいのに(泣)」と、中国が名残惜しいという気持ちを述べています。

 

蓮舫氏の言動はおかしい

蓮舫氏の過去の投稿をざっと遡ってみたところ、蓮舫氏は流暢な中国語を使いこなし、自身のフォロワーと巧みにコミュニケーションをとっていることが分かりました。

会話の受け答えもしっかりしていますので、以前、二重国籍問題のときに蓮舫氏が説明していた「父親が戸籍離脱の手続きをとっていたと思うが、中国語だったため分からなかった」という説明にも矛盾が生じます。

蓮舫氏は今でも中国語でコミュニケーションを取ることができ、いつでも中国に移住する準備ができていると言えるでしょう。

中国で活動していくにあたり、政治家としての基盤づくりも順調のようで、今のうちからわざわざ時間をかけて中国人ファン(フォロワー)を獲得しているのは、将来に向けた投資であると解釈できます。

言うまでもありませんが、日本のために仕事をしている日本の政治家ならば、中国での人気を集めようとはしないはずです。

つまり、蓮舫氏の言動は明らかにおかしいのです。


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

やはり中国のスパイ!?民進党の蓮舫氏がFB上で中国語で新年の挨拶

 

error: You never click here!!