許せない!SNSに投稿するためだけに買われ、大量廃棄されるアイスの実態とは

この記事は2分で読めます

 

写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」には、食べ物の写真や飲み会での様子、旅行先での美しい風景などありとあらゆる写真が投稿され、インスタにアップする用に写真を撮る人も少なくないようです。

今回は、そんなインスタに投稿するのがメインとなり、本来の目的を見失ってしまったという許せない写真をご紹介します。


スポンサーリンク



可愛いソフトクリームの写真

インスタグラムには、出先で撮影した写真がよく投稿されています。

さらに、おしゃれな写真を撮って上げることばかりを意識し、いいね!を多く押してもらうことを最優先に考える人も少なくないようです。

こういったおしゃれな写真ばかりを投稿することを「インスタの闇」として、ネット上ではしばしば揶揄されることがあります。

そんな「インスタの闇」が、2017年5月に愛知県名古屋市で目撃されました。

それは、名古屋市大須にオープンし、行列のできる人気ソフトクリーム専門店『Little Baby Dog’s』での出来事です。

▼可愛くデコレーションされたソフトクリーム

▼自分独自のトッピングなども選べる

このようにインスタグラムには、数多くのこちらのお店の可愛いソフトクリームの写真が投稿されています。

 

お店の置かれたゴミ箱には・・・

しかし、このお店の外に置かれたゴミ箱には、なんと・・・

手付かずのソフトクリームが大量に捨てられているのです。

これは、ツイッターユーザーの@ani__Rさんの指摘により発覚しました。

もちろん、写真を撮影してから全部食べた方もいるとは思いますが、一方で、写真を撮ることが目的となってしまい、この写真のように「食べなくてもいい」と捨ててしまう人もいるのです。

インスタの闇に対するネット上の声

この「インスタの闇」に対し、ネット上では以下のような声が上がっています。

●食べ物を粗末にする奴は許せない。ましてや写真上げるためだけに買うとかなおさら理解が出来ない。

●手間暇かけて作ったのに、こんなことされるとかほんとに捨ててる人の神経疑う。まさにインスタの闇。

●自分の話題作りのためだけに、食べ物を無駄にするって本末転倒ですよね。

など、写真を撮るためだけに購入し、撮り終えたらすぐさま捨てるという行為に多くの批判が寄せられています。

 

捨てられている事実に関してお店側は

このように、アイスが捨てられているという事実に関してお店側は

残念なことなんですけど、写真を撮影してソフトクリームを捨ててしまう人もいます。

でも、皆さんが捨てているわけではないんですよ。コーンまでちゃんと食べてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

販売している私たちにとっても、写真だけを撮影して捨てられてしまうのはとても悲しいこと。

反対に全部食べて「美味しかったよ」といってもらえると、とても嬉しいんです。

多くの人に「美味しい」といってもらえるように、これからも改良を重ねていきたいと思っています。

出典:grape

と、捨てられるのは悲しい反面、もっと多くの人に「『美味しい』と言ってもらいたい」と前向きなコメントをしています。

自分のインスタの投稿に、友達からいいね!がたくさんつというのは、一番嬉しいことかもしれませんが、だからといって、食べ物を粗末にしてまで、いいね!をつけてもらうことは決して許されることではありません。

本当に大切なことを見失ってしまっては本末転倒なのではないでしょうか。


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

食べ物を粗末にするくらいなら、節分の恵方巻き販売は廃止にするべき!驚くべき恵方巻きの大量廃棄の実態とカラクリとは?

error: You never click here!!