「若いんだから年寄りに席を譲れ」障害者に浴びせられた心無い言葉

この記事は2分で読めます

 

最近では、誰かれ構わず横柄な態度を取る老人の話題をよく耳にします。

今回も、理不尽かつ横柄な態度を取った老人がいるとのことなので、ご紹介します。


スポンサーリンク



若いんだから年寄りに席を譲れ

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@aquaseed1202さん。

@aquaseed1202さんはこの日、ヘルプマークをつけて電車に乗っていたところ、突然、老人3人に絡まれたそうです。

老人にしてみれば、若い人が席に座っているのに、自分たちが立っている状況が気に食わなかったようです。

投稿にある様に、老人は自らの無知を棚にあげ、挙げ句の果てに席を譲るように求めてきました。

マークを見た段階で、その意味自体は知らなくとも、事情を察することはできたはずです。

ヘルプマークについて

このマークをご存知でしょうか?

こちらはヘルプマークといい、内部障害を持つ人が、周囲の援助を必要としていることを伝えるためにつくられたものです。

ヘルプマークに関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。↓

あなたはヘルプマークについてどのくらい理解をしていますか?

要するにヘルプマークとは、援助を必要としていることを示すためのマークなのです。

 

年寄りだから新しいものはわからない

その後、十分な説明を繰り返し、老人を納得させることに成功した@aquaseed1202さん。

しかし、なぜかまた別の無関係な老人女性たちから、責められることとなるのです。

老人の方が、責任の所在が自分ではなく、他人にあると思ってしまうのは、おそらく「自分のほうが年上だから偉い」という潜在意識があるからなのでしょう。

知らないことに関してここまで堂々と発言し、相手の責任にしようとする姿勢は非常に憤りを感じます。

無知なら無知なりに、「このマークってどういう意味なんですか?」と、謙虚な気持ちで接することが重要です。

障害がある人に対しても、自分の考えが一番正しいという風に押し付けてしまうこの老人たちは、さすがにおかしいのではないでしょうか?


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

新幹線の車内で若い女性に対し「自由席満席なんだよ!若いんだから立っとけ!」と暴言を吐いた男性⇒衝撃的な結末が待っています

 

error: You never click here!!