「店員を奴隷のように扱う老害」の特徴と対策とは

この記事は2分で読めます

 

最近、店員さんなどに横柄な態度をとる中高年やシニア世代の方々が、俗語で「老害」と呼ばれています。

今回は、そんな老害に被害を受けている方の意見をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

中高年のお客さんはキレやすい

 

読売新聞の投書欄に寄せらた投稿に注目が集まっています。

記事によると、投稿した方は「老害」に迷惑をしているそうです。

 

 

 

 

若い人に比べ、中高年のお客さんはキレやすく、対応に困ります。

 

例えば、お客さんの声に気づかずにいたら、「無視か。ちゃんと聞け」と、いきなりどなって店を出ていくのです。

もう一度、声をかけようと思わないのでしょうか。

 

レシートが不要なら、そう言えばいいのに、私が渡してから、「要らないんだよ」と言う人もいます。

無言でレジに来て、いきなりお金を置き、私が何か欲しいか尋ねると、「〇〇だよ。当然だろ」と言う人も。

 

私はテレパシーが使えるロボットでもなければ、誰かの奴隷でもありません。

中高年の人たちは、店員は理不尽に扱ってもいいと教わってきたのでしょうか。

 

上司は「何か言われたら、とりあえず謝れ」と言いますが、落ち度がないのに、なぜ謝る必要があるのかと思います。

こういうお客さんにどう対応すればいいでしょう。

 

出典:読売新聞

 

自分の考えていることが『当然』であるとし、他者の意見に全く聞き耳を持たない老害」。

こういうお客さんにはどのように対応するのがいいのでしょうか?

 

老害の特徴と対応策

 

 

老害」とは一言で言ってしまえば、「頭や考え方が凝り固まっているシニア・中高年世代」のことです。

特徴といたしましては、以下のようなものがあります。

 

1.話が回りくどくて長い

 

2.怒りの沸点が低く短気

 

3.横柄な態度で人を見下している

 

4.自分の間違いを素直に認めない

 

5.「自分がルール」だと思っている

 

6.自分の老いや衰えを認めない

 

7.自分の人生観や意見を人に押し付けようとする

 

8.自慢話や説教話が多く、ヒマつぶしの長話をする

 

全てに共通して言えるのが、自分本位だということです。

相手の気持ちを考えずに、自分がルールであると押し付けてくるのです。

このような「老害」に遭遇した場合は、このように対処するのがいいようです。

 

とにかく褒める

 

お世辞であろうと、褒められて悪い気をする人はいません

とにかく、老害だと思われる方に遭遇したら、必要以上に褒めることを意識してください。

新聞に投稿した女性の方も「老害」に対して褒めることを徹底していたら、仲良くなって、ちょっとしたことで怒られることがなくなるかもしれません。

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

居酒屋やスーパーなどにいる「”傲慢”なシニア世代」に対しての新聞投稿が的確だと話題に・・・

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!