急成長の違法サイト「fbk(フリーブックス)」が突如として閉鎖された理由

この記事は3分で読めます

みなさんは、突如として閉鎖された「フリーブックス」というサイトをご存知ですか?

「フリーブックス」は簡単にいうと、漫画を無料で読めるサイトのことです。

今回は、この「フリーブックス」について、詳しく解説したいと思います。


スポンサーリンク



 

フリーブックスって何なの?

そもそもフリーブックスとは何なのでしょうか?

フリーブックスとは、2016年に創設されたWebページで、その使いやすさから近年かなりのユーザーが利用してました。

サイト内の説明によると、「自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト 」

と説明されています。

しかし実際のところ、自作コミックなどをアップロードすることはできません。

アップロードするというページは存在しますが、それはただのハリボテで、実際にアップロードに成功したという人はいません。

では、このサイトでは何ができるのか?それは、無料で書物が読めることなのです。

つまり投稿共有サイトというのはただの建前で完全に一方通行作品をアップロードしているのは全て運営側なのです。

もちろんこのような行為は違法ですし、絶対にやってはいけません。

 

フリーブックスが突如閉鎖

そして、この「フリーブックス」が、ここ数日で大きな注目を集めています。

なぜなら、突如として閉鎖されたからです。

アクセスすると、そのトップページには「当サイトは閉鎖致しました。短い間では御座いましたが皆様ありがとうございました。」と短い文章が日本語・英語で掲載されています。

では、なぜこのサイトが閉鎖されてしまったのでしょうか?

考えられる原因は3つほどあります。

1.度重なるサーバーへの攻撃

2.注目を集めすぎてこれ以上の運営は危険だと判断

3.ノウハウが確立されているため、いつでも再開できると判断

1についてですが、違法なサイトなだけに、「フリーブックス」のサーバーへ何かしらの負荷がかかるような攻撃を受けていた可能性も考えられます。

これが原因でサイトが閉鎖されたということも大いに考えられるでしょう。

次に、2についてですが、違法なサイトは過度に注目を集めてしまうと、色々な人の目に触れ、逮捕されるリスクが高くなります。

そのため、危険だと判断した場合は、もちろんサイトを閉鎖します。

最後に、3についてですが、これはもうすでに行われているのかもしれません。

名前を変えて同じ手法でいつでも再開が可能だと判断した場合、サイトを閉鎖し、別の名前の同じようなサイトを作っている可能性も考えられます。

 

違法なサイトはなくならないのか?

海賊版の漫画や、動画コンテンツを巡っては、様々な議論が行われています。

著作権に関する法律も、目まぐるしく変動する環境にあわせて、変化を余儀なくされているのも事実です。

2010年、個人利用の範囲であっても、違法に配信されたものであることを知りながら、ダウンロードするという行為は、違法になりましたが、刑罰は存在していませんでした

そこで、2012年、有料販売または配信されている音楽や映像に限りますが、それが違法配信されたものであることを知りながらダウンロードした場合には、

2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科される刑罰が制定されました。

しかしながら、「フリーブックス」に限らず、世界的なコンテンツの無料化の流れを止めることは非常に難しいのです。

いくら法整備をしたところで、軽々と抜け穴を見つけられる法律に抑止力があるとは思えません

根元を根絶やしにするか、情報そのものを遮断するかして環境自体を変えるようなことをしない限り、このようないたちごっこは延々と続いていきます、

ただ、「フリーブックス」が急激に注目を集めた結果として閉鎖に追い込まれたように、ネット上で話題となることで、多少ではありますが、運営側がやりづらくなる可能性もあります。

たとえそれが先の見えないいたちごっこだったとしても、声を挙げることは決して無駄ではありません。


スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

 

たった1ページで表現される「姉」がテーマの漫画が泣けると話題に!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!