「性の喜びおじさん」が死亡!?あまりにも不憫な最期とは

この記事は3分で読めます

 

2016年9月頃、東京を走る京王井の頭線で「性の喜びを知りやがって。お前許さんぞ。」などど叫び、

ネット上で「性の喜びおじさん」として話題になっていた人物が、死亡した可能性があることが明らかになりました。

 

 


スポンサーリンク



 

 

性の喜びおじさんとは!?

 

2016年9月頃、東京の京王井の頭線にて、以下のような動画が撮影され、話題となりました。

この動画では、「性の喜びを知りやがって。お前許さんぞ」

などと、独り言を2分近くにわたって言い続けています。

 

 

この動画がTwitterに投稿されると、瞬く間に拡散され、一躍時の人となりました。

そして、ネット上では「性の喜びおじさん」として人気となり、

一緒に記念撮影などをする人が続出。

なんとテレビ番組にまで出演するほどの勢いでした。

 

 

愛称 性の悦びおじさん、性の喜びおじさん
本名 岩下竜二(いわした りゅうじ)
年齢 55歳または56歳
住所 東京都杉並区
特徴 ・東京都内の電車内での目撃情報が多数

・性の喜びや性交渉に関することなどについて、自身の見解を公然と語る

・大声で叫ぶことも多いが基本ひとり言

・「性の喜びを知りやがって!お前許さんぞ!」で有名

 

 

性の喜びおじさんが死亡!?

 

そんな人気絶頂の「性の喜びおじさん」ですが、先日、死亡したのではないか?

というニュースが報じられました。

 

 

 

電車内で暴れた男性、乗客に取り押さえられ死亡

11日午後0時25分ごろ、東急田園都市線の桜新町駅=世田谷区桜新町2丁目=で、

電車内で暴れた男性が複数の乗客らに取り押さえられた際に意識を失い、搬送先の病院で死亡した。

 

玉川署が男性の死因や身元を調べている。

署によると、男性は所持品などから杉並区の50代とみられる。

男性が電車内でひわいな言葉を叫んでいたため、乗客の男性が駅で下りるよう促すと、いきなり殴られたという。

これを見ていた別の男性客2人が暴行した男性の手や肩を取り、ホームでうつぶせに押さえ付けると、意識を失ったという。

 

 

杉並区在住であり、さらに、ひわいな言葉を発する50代の男性ということで、

性の喜びおじさん」に特徴が酷似しています。

さらには、取り押さえらる直前に以下のような写真が撮影されています。

 

 

 

拡大写真がこちら

 

 

 

 

 

加えて、東京MXがニュース番組で、「性の喜びおじさん」と思しき男性を取り押さえている様子を放送。

生前に撮影された服装と、取り押さえられている服装とを比較して見ても、酷似しているのがわかります。

さらに、ツイートされた方が、”田都”(田園都市線)を利用していた点から見ても、

ほぼ間違いなく、「性の喜びおじさん」が死亡したとみて間違いありません。

 

 

取り押さえた方もまさか死亡するとは思っていなかったでしょう。

こういう場合、罪に問われるのかどうかわかりませんが、

あまりにもあっけない最期は不憫で仕方ありません。

亡くなった方には、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【飲酒運転撲滅】過去に娘を事故で亡くした男性「娘を奪った交通事故を防ぎたい」⇒そんな矢先、この男性に非常に胸糞悪い悲劇が訪れます・・・

 

 

error: You never click here!!