知的障がい者が福祉施設から脱走し死亡 遺族「遺失利益5000万払え」

この記事は2分で読めます

 

重度の知的障害を持つ松沢和真さん=当時(15)=が平成27年、

東京都八王子市の福祉施設から抜け出し、約2カ月後に山林で遺体となって発見さるという

なんとも痛ましい事件が発生しました。

しかしこの事件をめぐって、遺族側からとんでもない要求がされたのです。

 


スポンサーリンク



 

 

うちの子が生きていたなら、将来5千万は稼いでいた

 

産経ニュースに以下のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

 

 

重度の知的障害を持つ松沢和真さん=当時(15)=が平成27年、東京都八王子市の福祉施設から抜け出し、

約2カ月後に山林で遺体となって発見された事故で、

両親は14日、福祉施設を運営する「藤倉学園」(東京)に約8800万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 

請求には松沢さんが生存していれば将来見込まれた利益(逸失利益)として、

平均賃金から算定した約5千万円を盛り込んだ。

重度知的障害者の逸失利益算定が争点になる見通し。

提訴後に会見した松沢さんの父、正美さん(60)は

 

重度の知的障害があったとしても、和真は施設側の不備で将来の全てを奪われた。

所得格差による命の差別があってはならない

 

と話した。

 

訴状などによると、松沢さんは職員が目を離した隙に施設から1人で外出

藤倉学園は過失を認め、慰謝料2千万円を提示したが、

松沢さんに重度の知的障害があったため逸失利益はゼロと算定した。

 

知的障害があることを理由に損害賠償額を低く認定することは差別に当たる。

松沢さんには将来の可能性があった。障害のない少年の死亡事故と同じ基準で損害賠償額を算定すべきだ」などとしている。

 

藤倉学園は「訴状を見た上で今後の対応を考えたい。現時点ではコメントは控える」とした。

 

出典:産経ニュース

 

の価値を差別してはいけません。

しかし、このような要求をすることは妥当なのでしょうか?

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●自分達では育てずに施設に預けておいて、死んだら裁判て頭おかしい

 

●息子をとしかみてないんじゃないのこれ

 

●親が抜け出したことの責任を施設に求めるくらいの重度の障害なら稼げない

 

●自分達の手に負えないから施設に預けたんだろ?

だったら最初からてめえらで育てろや。

 

●身体障害者を商売の道具と見てる親か…

そっちが死ねばいいのにな。

 

●施設に預けてたんでしょ?両親揃っていて、育てられない環境じゃなかったろうに。

厄介払いができたけど、ちょうどいいから金儲けに再利用しようって思惑が透けすぎ

 

 

など、亡くなられた息子さんをお金としか見ていないこの両親の対応に、

多くの批判が寄せられました。

 

 

虫のいい話

 

そもそも施設に過失があったのかもわかりませんし、

健常者であれ、将来5,000万円を稼ぐことはそう簡単ではありません

何を思って、この金額を請求したのかわかりませんが、自ら育てることを諦め、

施設に預けておきながら責任は全て施設持ちで、お金だけよこせというのは、

さすがに虫が良すぎるのではないでしょうか?

命の価値に良いも悪いもありませんが、同情を得るために利用するということは決してあってはなりません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【信じられない】「減額されたらおしまい!」生活保護だけで月収30万円!?女性の泣き言に批判の嵐が・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!