東大名誉教授「日本で多文化共生は無理!平等に貧しくなりましょう!」

この記事は3分で読めます

 

東大の名誉教授で、社会学者である上野千鶴子氏が、

東京新聞に投稿した内容に波紋が広がっています。

 


スポンサーリンク



 

 

平等に貧しくなろう

 

東京新聞に以下のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

記事によりますと、東京大学名誉教授で、社会学者である上野千鶴子氏が、

日本の人口問題に対し持論を展開するといった内容です。

しかし、この内容が波紋を呼んでいるのです。

 

 

画像で見づらい方はこちらをご覧ください。

平等に貧しくなろう

 

日本は今、転機だと思います。最大の要因は人口構造の変化です。

安倍(晋三)さんは人口一億人規模の維持、希望出生率1・8%の実現を言いますが、

社会学的にみるとあらゆるエビデンス(証拠)がそれは不可能と告げています。

 


 

人口を維持する方法は二つあります。一つは自然増で、もう一つは社会増。

自然増はもう見込めません。泣いてもわめいても子どもは増えません

人口を維持するには社会増しかない。つまり移民の受け入れです。

日本はこの先どうするのか。

移民を受け入れて活力ある社会をつくる一方、社会的不公正抑圧と治安悪化に苦しむ国にするのか、

難民を含めて外国人に門戸を閉ざし、このままゆっくり衰退していくのか。

どちらかを選ぶ分岐点に立たされています。

 


 

移民政策について言うと、私は客観的に無理、主観的にはやめた方がいいと思います。

客観的には、日本は労働開国にかじを切ろうとしたさなかに世界的な排外主義の波にぶつかってしまった。

大量の移民の受け入れなど不可能です。

 


 

主観的な観測としては、移民は日本にとってツケが大き過ぎる。

トランプ米大統領は「アメリカ・ファースト」と言いましたが、

日本は「ニッポン・オンリー」の国。

単一民族神話が信じられてきた。

日本人は多文化共生に耐えられないでしょう。

 


 

だとしたら、日本は人口減少衰退を引き受けるべきです。

平和に衰退していく社会のモデルになればいい。

一億人維持とか、国内総生産(GDP)六百兆円とかかの妄想は捨てて、現実に向き合う。

ただ、上り坂より下り坂は厳しい。どう犠牲者を出さずに軟着陸するか。

 


 

日本の場合、みんなに平等に、穏やかに貧しくなっていけばいい

国民負担率を増やし、再分配機能を強化する。

つまり社会民主主義的な方向です。

ところが、日本には本当の社会民主政党がない。

日本の希望はNPOなどの「協」センターにあると思っています。

NPOはさまざまな分野で問題解決の事案モデルをつくってきました。

私は「制度を動かすのは人」が持論ですが、人材が育ってきています。

 


 

国のかたち」を問う憲法改正論議についても、私はあまり心配していない

国会前のデモを通じて立憲主義の理解が広がりました。

日本の市民社会はそれだけの厚みを持ってきています。

 

出典:東京新聞

非常に凝り固まった差別的な意見とも捉えられます。

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●今現在、移民を受け入れられる状況にないからって、

日本は多文化共生が無理だから違う方向を目指すべきって言っちゃっていいの?違うでしょうよ。

 

●女性への差別は認めないと言いながら外国人差別をするような人が学者なんだから参っちゃうよな。

 

●相変わらず暇を持て余した老人が、

若者の将来を食い潰しながら若者の将来に愚にもつかない提言を行っていますね。

 

●これは言い換えれば、「私が気持ち良く生きたいから、若い人は苦労して死んでください」なんだよな。

上野千鶴子の超絶自己チュー恐るべし。

 

●上野千鶴子さん全方向から叩かれてるな。ボケちゃったのかしら。

どの立場から見てもアウトな発言って犯罪行為以外では結構難しい気がする。

 

など、あまりにも的外れな見解に批判が殺到しました。

まとめ

 

2020年には東京オリンピックが開催されます。

ますます、外国人の方の日本への流入も増え、多文化への理解が求められるでしょう。

しかし、治安が悪くなるという一点張りで移民を受け入れるのを拒否したり、

このご時世に社会主義に傾倒し、共に貧しくなるという考え方は時代錯誤にもほどがあります。

何を根拠に日本はもう成長しないので、共に貧しくなろうという見解に至ったのかが疑問です。

何れにしても、権威影響力のある人間が、このような差別的とも取られる発言をするのは避けるべきです。


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

TOKIOに対し「福島産かよ!人殺し!」と批判したとある作家⇒国民から批判が殺到し過ぎて逃亡する事態に!!今後の作家活動はどうなるのか・・・!?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!