月¥2,000払うのでお宅のWiFiを使わせて→このチラシが来たら危険!

この記事は2分で読めます

 

今やインターネットに接続するための手段として、無線で供給されるWiFiが主流になってきています。

一般的には、インターネット回線を契約し、毎月ごとに定額を支払うことによって使用できます。

今回はそんなWiFiに関するトラブルをご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

WiFiを利用させてもらえないでしょうか?

 

ツイッター上に投稿されてツイートに注目が集まっています。

投稿したのは@nut_twsさん。

投稿によると、家のポストにとんでもないものが入っていたそうなのです。

 

 

 

 

@nut_twさんのご家庭のWiFiを使用量を払うので、使わせてほしいという手紙です。

月額¥2,000も払えるなら、自分で契約した方がいいのではないでしょうか?

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

・月2千円払ったらふつうに使えると思うのだけどどういう意図だろうか…

・近所の人なのかな? 怖いわ、こんなんポストに入ってたら。

・これは意味わからんな。何で見ず知らずのやつに貸さねーとなんだよ!

・変なのに利用されそうで怖いな

 

このように、意味のわからない手紙の内容が波紋を呼んでいるようです。

 

 

 

WiFiを利用されるとどうなるのか

 

WiFiは無線なので便利である反面、セキュリティを強化しないと、

他人に勝手に使用されるなどの恐れがあります。

契約者さんは、ただただお金だけを払って他人に無料で回線を提供してしまっているのです。

他人が勝手に使用するだけなら、まだマシですが、他人の回線を使用し犯罪を犯す場合も考えられます。

詐欺サイトの運営や、違法オークション転売など、

他人名義だからこそリスクを回避できることを行う可能性もあります。

みなさんもこのような「WiFiを利用させてください」などという手紙が入っていた場合は、

気をつけた方がいいかもしれません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

【泥棒】WiFiの電源を落とした結果⇒「お前のせいでネットできねーだろ」と隣人が血相を変えて家に乗り込んでくる事態に!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!