東京23区のタクシーが初乗り運賃を410円に値下げ!このカラクリとは

この記事は2分で読めます

 

30日より、東京23区及び、三鷹市、武蔵野市などの地域タクシーの初乗り運賃が、410円に値下がりします。

今回は、なぜここまで初乗り運賃が値下がりするのか、カラクリをご紹介します。

 

 

 


スポンサーリンク



 

 

短距離を乗るならお得になる

 

今までの初乗り運賃は2キロまで730円だったのに対して、これからは約1キロ(1052m)まで410円となりました。

それ以降は237mごとに80円が加算されるので、1.7kmまでは今までの初乗りと同じ料金となりますが、

6.5km以上乗る場合は逆に高くなってしまいます。

仮に15km乗った場合は、今までは4,960円だったのに対して、新たな運賃制度だと5,130円と少し高くなります。

今回の制度は、短い距離を乗る層をターゲットにしているのです。

 

 

そもそもの目的は

 

今回、タクシー初乗り運賃の値下げをした最大の理由は、利用客の増加です。

タクシーを乗るには結構な値段がしますし、気軽に乗ることはなかなか難しいタクシー。

しかし、このプロジェクトは、タクシー事業側が、利用客の減少に歯止めをかけようと動き出したのがきっかけです。

タクシー業界にとって、需要喚起目的の値下げは初めてなようです。

 

 

利用者の声

 

これに対し、利用者からは以下のような声が上がっています。

・運賃が安くなったおかげで、“ちょい乗り”の利用回数は増えると思う

・タクシー普段乗らないけど、この値段ならいいかなって思ってしまう。

 

さらには、運転手側からも、こんな意見が・・・

・早くも410円のお客さんが乗車して、降りるときに喜んでいた。

お客さんにとってタクシーに乗りやすくなる運賃の変更だと思う

 

など、運賃の値下げはどのように影響するかわからないが、利用客は増えるのでは?といった見解が多く見られました。

 

以前に比べて乗りやすくなった、都内のタクシー。

みなさんも試してみてはいかがですか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

タクシーの料金メーターが急激に上昇⇒客「怪しいから録画しときました!!」結果とんでもない事態が起こります・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!