部長職昇進後に育休を取った男性⇒会社から干され転職するハメに

この記事は3分で読めます

 

みなさん「パタハラ」という言葉をご存知でしょうか?ほとんどの方は聞き慣れない言葉だと思います。

パタハラとは、「パタニティー(父性)・ハラスメント」の略で、

育児のための休暇や時短を申し出る男性に対するいやがらせ”のことをさします。

今回は、そんな「パタハラ」による辛い体験をした方のエピソードをご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

育休とったら干された

朝日新聞DIGITALにこのような記事がありましたので、ご紹介します。

記事によると、部長職に昇進したばかりの男性が、育児休暇明けに会社に復帰したところ、

完全に会社から干されたそうなのです。

以下、記事の抜粋です。

 

席はここね。またやること決まったら言うから

 

東京のエンターテインメント会社に勤めていた男性(41)は2013年春、育休から復帰して職場に行くと、上司にこう告げられた。

「担当が決まってないのか」と思ったが、その後、二度と仕事が回ってくることはなかった


 

その4カ月前までは、大勢の部下を束ねていた。土日も朝晩も関係なく忙しかったが、仕事がおもしろくて全く苦ではなかった。

部長職に昇進したばかりで、もっと大きな仕事ができると思っていた矢先。

積み上げてきたものを育休ですべて失った

 

怒りは今も続いている。この先もずっと残ると思います


 

育休を取る前から嫌な予感はしていた。

 

うちの会社に育休なんてねーよ、バーカ」。

 

育休をにおわせただけで上司に一蹴された。

女性の方が多い会社だが、「産んだら辞めれば」と冷たい目で見られる雰囲気はあった。

 

「嫌がらせや嫌みは会社員としてある程度覚悟していた。

逆の立場だったら、気持ちがわからなくもないので」。

 

なんとか申請は通り、部長職で復帰という話で休みに入った。

 


 

でも、復帰後の仕事は雑用しかなかった。

「何やればいいですか」「決まったら言うよ」の繰り返し。

現場で人手が足りなくても、オフィスから出ることは許されない

 

徐々に雑用すらなくなった。

「やることがないって結構つらい。『何やってんの?』と聞かれるのもつらい。前が忙しかったから余計にです」

 


 

「なぜ俺なんですか。育休取ったから辞めて欲しいんですか。育休取ったから仕事を与えずに干し続けたし、全て育休ですよね!」。

 

詰め寄ると、相手はあっさりと認めた。

 

北海道行くか辞めるか。行かないならクビだから」。

 

悔しくてその場で泣いた。育休を取っただけでこうなるなんて、納得がいかなかった

 

嫌な予感がした日から、育休関係の話は全て録音していた。

パタハラ(パタニティー・ハラスメント)という言葉は知らなかったけど、育休での不利益は違法と知っていた。

 

証拠は残しておこうと思って」。

 

会社を辞め、自分は悪くないと証明したくて労働審判を申し立てた。

決着が付かず、裁判を起こした。2年争い、会社が損害賠償金を支払うことで和解した。

 


 

今は転職したが、前職とは全然違う単純作業だ。

定時で働き、保育園の送迎や寝かしつけまで1人でこなす。

妻が帰宅するころには子どもと寝ている。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

 

育休を取っただけで、解雇するとはあまりにも酷すぎるのではないでしょうか?

部長職まで上り詰めた男性が、育休のせいで一気に人生を転落してしまった最悪のケースです。

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

・部長に上げた(能力を評価してる)のにこの仕打ち。意味不明。合理的でない。日本には謎の「村の掟」がある。

・こういう会社って長期入院後の人にもこんな対応するのかな…。休んだら負けみたいな文化は滅びてほしい。

・わけわからんな。こういう会社ならやめて正解なんじゃないのか?

・不当解雇だろ?もっと社名晒して賠償金取ったれよ

 

など、あまりにも酷すぎる会社の対応を批判する声が多く集まりました。

 

 

なぜこのような対応を取ってしまったのでしょうか?

妊婦さんや女性に対する嫌がらせは「マタハラ」として認知されていますが、

育児に積極的な男性もこのような対応をされてしまっては、日本を背負ってたつ子供は誰が育てればいいのでしょうか

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

32個も!?パワハラやセクハラだけじゃない 意外と知らないハラスメントの種類

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!