「5分で30万のぼったくりバー」で一銭も払わずに帰ってきた勇者

この記事は2分で読めます

夜の繁華街の中には、ボッタクリバーというのが存在します。

今回は、数々の修羅場をくぐり抜けてきた男性がボッタクリバーで遭遇したトラブルについてご紹介します。


スポンサードリンク



 

ボッタクリバーの支払いを回避した男性のテクニック

とある会社の経営者である男性が、社員2人を連れて夜の繁華街に飲み行きます。

何軒かはしごした後に客引きに捕まり、ボッタクリバーへと連れて行かれます。

その店ではちょっとした性的サービスを受けますが、5分もしないうちに「お時間です。お会計の方が1人8万で、計24万になります」と告げられます。

そこでこの男性がとった行動が

男性「にいちゃん、責任者呼んで」

店員「オレが責任者じゃ!金払え!」

男性「おまいじゃ話にならん。悪い事いわんから上の人間呼んでこい」

ブツブツ言いながら携帯で誰かに連絡してる。しばらくすると年配のおっさん登場。

責任者「何かご料金の事で問題でも?」

男性「別に問題無いが、払いたくない。とは言ってもアンタもメンツがある
だろうから、迷惑料として一人1万ずつ置いて帰ってやるよ」

責任者「お客様、ふざけてもらっちゃこまりますよ」

オレ、ず~っとニヤニヤしておっさんを見つめてる。

男性「なぁおっちゃん、生きてきた中で、あの時素直に相手の言う事聞いてりゃ良かった、と思った事ないか?今日は気持ちよく呑んで気分が良い。こんな事で上煩わしたらせっかくの夜が台無し。また上の機嫌も悪うなるここは大人になって、一万受け取ってお互いチャラにしような」

出典:FAMILY WARS

42f08d1d4fc0e-nl23

ボッタクリバーでお見事な切り返し。

こんなこと出来る度胸があるのは素晴らしいです。

この後、店側に「当店にはキャンセル料がある」との理由で1人1万円置いて帰ってくれと言われたそうですが全員の財布を確認すると千円札しか入っておらず、「口座教えるから、後日入金してくれ!」

と男性が頼むと、もういいから帰ってくれと一銭も払わずにお店から出られたそうです。


スポンサードリンク



男性の見事な切り返し

この男性は、修羅場を何度もくぐり抜けてきたそうです。

袋叩きにあったり、前歯をへし折られたり、アメリカで身ぐるみ剥がされたり、そんな数々の修羅場をくぐり抜けてきたからこそ、このようにとっさに機転が効いたのではないでしょうか?

もしかしたら、毅然とした態度で振る舞う男性を見て店側も「暴力団関係者がバックについている」などと勘違いしたのかもしれません。

このようなハッタリは誰にでも通用するものではありません。

もしも遭遇してしまった場合は、真っ先に警察に駆け込むのが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!