【拡散希望】BLEACHの作者・久保帯人さんからの切実なお願い!

この記事は2分で読めます

 

人気漫画「BLEACH」の作者で知られる久保帯人さん。

ご自身のTwitterに投稿した内容に注目が集まっています。

久保さんの切実なメッセージを読み、皆さんに拡散して頂きたく思い、ここでご紹介させて頂きます。

 

久保先生からのメッセージ

とある読者の方から、久保先生宛に、差出人・住所の記載されていない一通の手紙が届きます。

その手紙の内容に心を打たれます。

 


スポンサードリンク



1
 

 

 

 

2

 

 

3

 

 

4

 

 

5

 

 

 

6

 

 

 

 

7

 

 

 

 

8

 

 

 

9

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

12

 


スポンサードリンク



 

 

 

 

要約しますと、

久保先生は体調を崩して、連載を休載する期間が結構ありました。

その中で休載ばかりを繰り返すようになり、自己嫌悪に陥ります。

漫画家をやめようかと迷っている時に、この手紙が届くのです。

差出人はわかりませんが、体調が優れないという読者からのものです。

 

 

それに対しての久保先生のコメントです。

・薬で抑えていた病気が突然悪化し、普通の学校生活から突然、病院から一歩も出られない生活に変わったこと

TVを観てもゲームをしても友達と一緒にいた時のことを思い出し、何も楽しめないこと

・医者も親も何も言わないけれど、自分で調べて自分の病気が治らないことを知っていること

・その頃に荒れて今すぐ死にたいと言った時、しっかり生きて欲しいと余命を告げられたこと

・その余命が一年半であること

・それからは、ベッドの上から動けないながらも、自分が楽しめる方法を考えるようになったこと

・その結果、漫画の世界に入り込み、友達のことを思い出さずに楽しめるんじゃないかと思ったこと

・いろんな漫画を読んだ結果、「BLEACH」に辿り着いたこと

・「BLEACH」の新刊が読みたくて、入院してから初めて明日のことを考えるようになったこと

・「BLEACH」が自分の世界を変えてくれたこと

・「BLEACH」が自分に再び生きる力をくれたこと

・そして自分がもうこの世にいないこと(僕がなくなったら、この手紙を送ってくれと頼んであります)

・読者「久保先生最後にお願いがあります。どうか先生の思うままのBLEACHを最後まで描き切って下さい。僕はそれが読みたい」

出典:久保帯人公式Twitter


スポンサードリンク



久保先生は、この差出人の読者の方を探しています。

数少ない情報ではありますので、この方にたどり着けるかは分かりませんが、インターネットがこんなにも普及している時代です。

可能性はゼロではないはずです。

私たちBrandNewSでは、久保先生のお力に少しでもなれるべく、記事を書かせて頂きました。

知らない方も、シェアをしていただいて、ぜひご友人等に知らせてあげて下さい。

もしかしたら、偶然誰かの知り合いで、見つかるかもしれません。

もし心当たりの方がいらっしゃいましたら、FBページにてお問い合わせください。

BrandNewS Facebook ページ

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!