たった5年で1億円の資産を手にできる!?ノウハウがなくても誰でも簡単に始められるアパート経営の全てを教えます!!

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

区分マンションと比較して、アパートは購入金額が高額になる傾向があることから、

アパート経営はハードルの高い投資とされてきました。

しかし、近年の金融緩和により、不動産投資についても融資を受けやすくなったので、

サラリーマンの方でも融資を利用してアパート経営ができるようになりました。

今回は、アパート経営の実態についてご紹介します。

 

 

 

アパート経営とは!?

 

そもそもアパート経営とは何なのでしょうか?

アパート経営とは、アパート一棟を丸々購入し、

所有者(賃貸人)として各部屋を入居者に貸すことによって、毎月賃料収入を得るという不動産投資の一種です。

アパートの規模にもよると思いますが、一般的にアパートの部屋数の規模としては6〜8部屋のところが多いようです。

 

 

アパート経営のメリット

 

では、アパートを経営するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

前述した通り、アパート経営は不動産投資の一種であります。

ですからまず、不動産投資における6つのメリットをご紹介します。

 

大きく分けると以下のようになります。

 

1.「不動産」という実物資産が残る

2.相続・贈与税対策として有効である

3.融資により少ない自己資金で大きな投資ができる

4.生命保険の代わりになる

5.私的年金の確保ができる

6.節税効果がある

 

それでは一つずつ具体的にみていきましょう。

 

1.「不動産」という実物資産が残る

 

株式や債券などの投資に関しては、会社の倒産などが原因で資産がいきなりゼロになる可能性があるのに対して、

不動産投資は、購入した物件そのものを資産として残すことができるという大きなメリットがあります。

また、一棟マンション、一棟アパートなどを購入した場合、

たとえ建物が老朽化により価値が下がったとしても、土地自体はなくならないので、

購入したもの(不動産)の価値がゼロになるということはないのです。

こういった点で、他の投資にはないメリットがあるといえます。

 

 

2.相続・贈与税対策として有効である

 

不動産を相続する場合、時価ではなく、固定資産台帳や路線価などから算出した評価にて課税額が決まることから、

現金資産と比較して納める税金の額を少なくすることが出来るのです。

例えばアパート経営をした場合の課税額は、

下記のように控除することができ、現金に比べ約1/3の評価となります。

 

●建物:おおよそ50〜60%

●土地:公示地価の80%

●賃貸の場合:評価額から更に30%が控除される

 

税金を抑えられる上に、家賃収入も得られるというのは、不動産投資ならではの魅力と言えます。

これは、相続した場合だけでなく、不動産を贈与した場合にも同様です。

 

 

3.融資により少ない自己資金で大きな投資ができる

 

不動産投資は、数多い投資商品の中で唯一、

その商品自体を担保にして金融機関から購入資金として融資を受けることが可能とされています。

融資を上手に活用すれば、少ない自己資金で不動産を購入することができ、安定した家賃収入を得る事ができます。

現状では(2016年7月現在)、金融緩和により、不動産投資ローンの金利もだいぶ下がり、

借入れする人の属性や金融機関にもよりますが、1%〜2%台で融資を受けられる場合もあるようです。

 

 

4.生命保険の代わりになる

 

不動産の購入資金を金融機関から借り入れる場合、「団体信用生命保険」に加入することになります。

団体信用生命保険」に加入すると、万が一、ローンの返済期間中に契約者が死亡または高度障害者となった場合、

団体信用生命保険が適用され、ローンの残額は保険金から返済されるのです。

そして、ご家族には、無借金のマンションを毎月安定した家賃収入つきで残すことができます。

つまり、不動産投資をすることで生命保険の代わりになるのです。

 

 

5.私的年金の確保ができる

 

日本の公的年金は、少子高齢化により財源を確保するのが難しくなっています。

さらに、厚生年金も負担する保険料だけが増大していき、年金の受給額は減少傾向にあります。

また、受給年齢も引き上げされて、将来支給されるであろう年金に対する不安が高まる一方です。

今のうちから不動産投資を始めれば、賃料収入で長期的・安定的に資産形成していくことが可能になります。

早いうちから不動産投資をすることで、私的年金の確保につながるのです。

そうすることによって、退職後もゆとりあるセカンドライフを、

心置き無く楽しむことが出来るでしょう。

 

 

6.節税効果がある

 

不動産投資による収支が、常に黒字であるに越したことはありませんが、

何と、もし仮に赤字になったとしてもメリットがあるのです。

それは、給与収入と損益通算することで、節税することができるからです。

具体的には、確定申告することによって納めすぎた「所得税」の還付を受けることが出来ます。

また、所得税に加えて、納税額をもとに算出する「住民税」も節税する事が可能になります。

不動産投資は、節税、安定・長期的収入の確保、低予算から始められるなど、メリットだらけなのです。

 

 

 

具体的にアパート経営をするには!?

 

これほどまでに素晴らしいアパート経営ですが、具体的にどのように始めたらいいのでしょうか?

ここでは、私もお世話になった画期的なサイトをご紹介します。

それが、アパート経営含め、土地活用の無料プラン比較では日本最大級の「イエカレ」です。

 

 

 

たった1分で土地活用のプランがわかる

 

 

 

 

必要項目を入力するだけの簡単ステップで、自分に最適な土地活用プランを査定してくれます。

なぜ私がイエカレをおすすめするのかというと、

イエカレには、有名な大手不動産会社から地元密着型の中小不動産業者まで、

300件近い優良不動産会社が登録されているからです。

 

登録不動産会社の一例

 

・大京穴吹不動産
・東急リバブル
・アパートナー
・大成有楽不動産販売
・三菱地所ハウスネット
・神鋼不動産
・セキスイハイム
・中央住宅
・三井住友トラスト不動産
・住友林業ホームサービス
・小田急不動産
・アイスタイル
・ナイス株式会社すまいるcafe

 

これらはほんの一部です。

イエカレ」なら”完全無料”で、こういった全国の豊富な不動産会社から、

あなたに見合った土地活用・賃貸経営プランを一括で比較できるのも魅力の一つです。

 

そして、実はアパート経営が資産形成としてもっとも運用・成功しやすいのです。

 

アパート経営は、

●土地がなくても

●自己資金が少なくても

●経営ノウハウがなくても

始められるんです。

 

みなさんもぜひ、「イエカレ」でアパート経営を始めてみませんか?

イエカレ」ならあなたに合った最適なプランがきっと見つかるはずです。

 

 

 

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter
RETURN TOP