中京大中京高校に爆破予告!甲子園での監督の継投ミスが原因か?不審物発見で、学校側は全面入校禁止に!

この記事は2分で読めます

夏の全国高校野球選手権大会で、大会4日目の第一試合、愛知県代表の中京大中京高校と、広島県代表の広陵高校が対戦し、見事、10-6で広島の広陵高校が勝利を収めました。

しかし、中京大中京高校の監督の采配を疑問視する声も上がり、ネット上には爆破予告までされ、騒然となっています。


スポンサーリンク

監督の采配ミスか?

第99回夏の全国高校野球選手権大会の大会四日目の第一試合で、愛知県代表の中京大中京高校と、広島県代表の広陵高校が対戦しました。

両校とも全国常連の強豪校という好カードなだけに、客席は超満員になるほどの盛り上がりを見せていました。

中京大中京は3回裏に2点を先制すると、先発の磯村選手が好投を見せ、6回まで広陵の強力打線を0点に抑えていました。

しかし6回表、中京大中京ベンチは、ランナーがいない場面で、先発で好投していた磯村投手に変え、リリーフの香村投手をマウンドへ。

しかし、これが裏目に出て、広陵の反撃をくらい、残念ながら逆転を許してしまう展開になってしまったのです。

そして、試合は6回、7回、8回と広陵が立て続けに得点を重ね、10−6で広陵が見事逆転勝利を収めました。

 

試合後の監督の談話

この不可解な継投について、試合後に敗れた中京大中京の高橋監督は「愛知県大会でもこういう継投をしてきた」と、自らの采配は間違っていなかったと述べています。

先発した磯村投手の球威が落ちていると判断し、エースピッチャーの香村投手へとリリーフする大胆な継投策でしたが、結果裏目に出てしまったため、視聴者からは納得できないといった声が多く寄せられています。

 

爆破予告

そんな謎の継投策を講じ、敗北してしまった中京大中京に対して、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」では爆破予告がされるまでの事態に陥っています。

そして、この爆破予告を受け、中京大中京高校側は、8月11日の校舎への全面入校禁止を発表するなど、異常事態へと発展しています。

今回の件に関して、事件性があると判断されれば、警察側も何かしらの対応はするでしょう。

中京大中京高校関係者の皆様は、ぜひご注意ください。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

日本航空石川の美人女子マネはタレントだった!彼氏判明でCA写真も!大見謝怜華(おおみしゃれいか)のwiki風プロフとかわいい画像!

 

error: You never click here!!