【画像】加茂暁星高校の死亡したマネージャーの顔写真と本名判明!野球部監督の詳細についても!低酸素脳症で練習後に倒れ死亡!名前は小林奈歩(なほ)!

この記事は2分で読めます

新潟県加茂市の加茂暁星高校野球部の女子マネジャー(16)が、7月21日の練習後に倒れて意識不明となり、今月5日に死亡したことが明らかとなりました。


スポンサーリンク

先月倒れた女子マネ死亡

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新潟県加茂市の加茂暁星高校野球部の女子マネジャー(16)が、7月21日の練習後に倒れて意識不明となり、今月5日に死亡したことが新潟県警への取材で6日、分かった。県警によると、死因は低酸素脳症だった。

同校によると、女子マネジャーは7月21日、同校から約3・5キロ離れた野球場で部員と共に練習に参加。練習後に走って学校まで戻った直後に倒れたという。普段はマイクロバスで学校と球場を行き来していたが、この日はけがをした部員がバスに乗ったため、監督が「マイペースで走って帰るように」と指示していた。

出典:日刊スポーツ

亡くなったマネージャーについて

亡くなったマネージャーについての情報がこちらです。

名前:小林奈歩

年齢:16歳

学歴:加茂暁星高校女子マネージャー

ネット上では、亡くなった女子マネーシャーのお名前は小林奈歩さんという方だそうです。

そして、こちらがその画像です。

こちらは、彼女のインスタグラムに掲載されてありました。

こちらのアカウントには、小林さんの彼氏と思しき人物との写真もあり、野球部員だったのでは?との噂も立っています。

若くして、亡くなられただけに、遺族の方の気持ちを思うとなんともいたたまれません。

 

低酸素脳症とは?

亡くなられた小林さんの死因は、低酸素脳症でした。

一体、どのような病気なのでしょうか?

低酸素脳症とは、循環器系や呼吸器系が不全となり、脳への酸素供給が一定期間十分に行われないで、脳全体に障害が生じる症状のことを指します。

何らかの原因で心臓が停止したり、呼吸器系に障害が起きて、酸素を十分吸入できないと、脳に送られる血液中の酸素量が著しく低下します。

小林さんは、事故があった当時、3キロ離れた場所から帰宅する際に「マイペースで”走って”帰るように」と監督から言われています。

そのことが原因で、低酸素脳症となってしまい、還らぬ人となってしまったのです。

 

監督の押切智直について

こちらが、加茂暁星野球部監督の押切智直さんの画像です。

弱小だったチームを再建するために、就任し、直後の2014年には新潟県大会でベスト8に昇りつめるまでに成長させている敏腕監督としても知られています。

指導力はもちろんのこと、その人柄の良さで部員のみならず、地域住民や保護者の方からの信頼や評判も高かったそうです。

しかし、今回このようなことになってしまい、非常に残念であり、複雑な思いであることでしょう。

女性の立場からすると、運動部でもない生徒がいきなり3.5キロもの距離を走って帰るというのは、相当きついハズです。

何か別の方法を取っていれば、小林さんは死なずに済んだのでは?と思うと、本当に悲しくて仕方ありません。

亡くなった小林さんには心よりご冥福をお祈りいたします。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

野球部主将の高校生がたぬきをバットでボコボコにしてSNSに投稿…

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを