【画像】斉藤由貴の不倫相手の写真を特定!相手の主治医の医者とは?文春砲で手つなぎデートやW不倫発覚!過去には尾崎豊や川崎麻世とも?

この記事は2分で読めます

女優の斉藤由貴さんが週刊文春の文春砲を浴び、不倫の事実が表沙汰になりました。

今回はその、不倫相手について迫ってみたいと思います。



スポンサーリンク

週刊文春の手つなぎデート画像

8月3日に発売された週刊文春で、女優の斉藤由貴さんが50歳代である主治医の医者と不倫関係にあることを報じられました。

斎藤さんは文春砲がでる前日に、報道陣に対しFAXのコメントで、「家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で、不倫関係ではございません」と、言い訳のように聞こえるコメントを発表しています。

しかしここにきて、文春砲が手つなぎデート画像を発表し、話題となっているのです。

その画像がこちら・・・

2ショット

この画像は映画館から出てきた時の2ショットのようです。

手つなぎデート

こちらは、斎藤さんと不倫の相手のお医者さんと完全に手を繋いでる写真です。

恋人のようなつなぎ方をしていますし、親密度が伺えます。

家族ぐるみの主治医とこのようなつなぎ方をするのでしょうか?

ポルシェ・カイエンでデート?

こちらは、斎藤さんと不倫相手の方が、横浜ナンバーのポルシェ・カイエンに乗ってドライブデートする時の画像です。

 

斉藤由貴の不倫相手の主治医とは?

では、斎藤さんの主治医である不倫相手とは一体誰なのでしょうか?

週刊文春によれば、横浜市内に住んでいる50歳代の男性で、奥さんと子供もいらっしゃる、いわゆるW不倫のような形です。

この主治医の男性は、横浜市内で内科を中心としたクリニックを開業している、いわゆる開業医でもあり、斎藤さんの自宅からおよそ1〜2キロ程度の場所にあるそうです。

斉藤さんとは、そのクリニックで斉藤さんの子供が診察を受けた時に知り合ったそうで、過去に2度の不倫をしている斎藤さんは、面食いとしても知られますので、相当なイケメンドクターである可能性もあります。

この主治医の男性は、斉藤さんと同様横浜出身であり、Facebookによるとアメリカの大学で再生医療を学んでおり、大学病院での勤務経験もあるのだそうです。

そのため、不倫相手の男性は英語が堪能であり、そのクリニックには外国人の患者さんも多いようです。

追記:斎藤さんと手つなぎデートをしたとされるA氏が特定されました。

それが、「みなとクリニック」に勤める卓馬紳さんという方だそうです。

 

主治医の自宅の場所は?

斉藤さんの不倫相手の主治医が暮らしているとされる自宅は、元町商店街から近くにあり、地下一階、地上二階建ての非常に豪華な豪邸に暮らしています。

駐車場には高級外車が並んでおり、斎藤さんが個人で借りているとされるマンションからは、徒歩3分程度でありますので、往診と称して不倫関係を楽しんでいたのです。

つまり、斉藤さんは不倫相手と密会するためにわざわざ”事務所用”として、不倫相手の自宅から近いマンションを借りていたのです。

過去には、尾崎豊さんや川崎麻世さんとの不倫も報じられ、言い訳が世間を賑わせてきました。

今後は、大物女優の”言い訳”に注目が集まるでしょう。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

【画像】斉藤由貴の不倫相手が判明か?横浜の50代開業医Aの素性とは?尾崎豊や夫についても!女優の浮気を文春砲!

 

斉藤由貴の現在がかわいい!夫との出会いはモルモン教がきっかけ?激太りから痩せたダイエット方法も明らかに

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを