神奈川県横須賀市のゲリラ豪雨!汐入駅周辺が冠水し、水没!大雨により浸水した被害の情報も!

この記事は1分で読めます

神奈川県横須賀市で8月1日、ゲリラ豪雨が降り道路が浸水するなどの被害があり、大変な騒ぎとなっています。



スポンサーリンク

関東でゲリラ豪雨

報道機関の発表によりまと、8月1日午後、神奈川県横須賀市や横浜市、藤沢市など広域に置いて、1時間におよそ120mmを越える猛烈な雨を観測したとのことです。

このゲリラ豪雨の影響により、京急線の横須賀駅や汐入駅などが水没したほか、道路が浸水するなどの被害が相次ぎました。

また、小田急小田原線では一時運転を見合わせるなど、各地に多大な影響を及ぼしています。

さらに、一部の道路では、水深が深いことなどから交通規制が行われるなど、日常生活に支障をきたしています。

 

土砂災害警報も発令

神奈川県の各地で降ったゲリラ豪雨の影響により、土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

「土砂災害警戒情報」が発表されているのは、以下の6つの地域です。

●横浜市

●鎌倉市

●川崎市

●逗子市

●三浦市

●横須賀市

関東地方では、遠く離れた台風5号の湿った空気の影響で、1日夜にかけても、大雨になる恐れがあり、さらなる警戒が必要となります。

 

ゲリラ豪雨の様子

では、ゲリラ豪雨はどれほどまでにすごい様子だったのでしょうか?

ネット上に寄せられた画像がこちらです。

道路は冠水している他、激しい雨のせいか視界も悪くなっています。

ネット上からは、「まるで湖のようだ」「横須賀水没でバスが半分水に浸かってる」「帰りが不安」など、不安の声が多数寄せらています。

今後も激しい雨が予想されるため、インターネットやラジオ、テレビ等で情報を収集し、必要に応じて避難するなど、適切な対応を取ることが重要です。

 

あなたにおすすめの記事

 

16.7メートル。震災の津波の高さを想像できますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを