新国立競技場工事で新卒を過労死自殺させたブラック企業が判明か?施工業者は大成建設の下請け会社?

この記事は3分で読めます

新国立競技場の建設作業員が過労自殺したとして、遺族が労災申請し、話題となっています。


スポンサーリンク



新国立競技場 23歳建設作業員が過労自殺

日テレニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新国立競技場の建設作業員が過労自殺したとして、遺族が労災申請した。

東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場で働く23歳の男性建設作業員が過労自殺したとして、遺族が労災申請した。

男性は、一次下請け業者の新入社員で、代理人弁護士の調べでは、自殺の前の月の時間外労働時間が200時間を超え、男性は「もたない。辞めたい」と話していたという。

代理人は「国家的行事だからといって命と健康が犠牲になることは断じてあってはならない」と話している。

出典:日テレニュース

なんと、時間外労働は200時間にも及んでいます。

ちなみに、自殺直前の1カ月の時間外労働は211時間56分。2カ月前は143時間32分だったそうです。

極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜という勤務体系が続いたといいます。

そして、2017年3月2日、突如として姿を消したそうで、2017年4月15日に長野県内で遺体が発見されたのです。

警察などの調べにより、自殺と判断され、遺族は自殺の原因は仕事にあるとして労災認定を申請しました。

そして、この亡くなられた方が働いていたのが、大成建設の下請けの企業である可能性が浮上しているのです。

残念ながら、この下請けのブラック企業に関する情報は入ってきておりませんので、詳しい情報が入り次第、追記したいと思います。

 

大成建設とは

大成建設とはどのような会社なのでしょうか?

名称:大成建設株式会社(TAISEI CORPORATION)
本社:東京都新宿区
設立:1917年12月28日

大成建設は、日本の大手総合建設会社で、スーパーゼネコン5社(鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組)のうちの1つであります。

超高層ビルやダム、橋、トンネル、地下鉄などの大規模な建築土木工事を得意とし、技術革新が進むインフラ整備の受注が多いのも特徴です。

今回の自殺の件に関しては、この新卒の社員の方は、新国立競技場の地盤改良工事の現場監督をしていたそうです。

作業員を束ねるだけでなく、その現場の全責任を負わなくてはいけませんので、新卒の社員には少し荷が重たい業務内容だったかもしれませんし、時間外労働があまりにも多すぎるブラックな企業であったため、自殺という最悪な結果に陥ってしまったのでしょう。

 

過去の不祥事は?

大成建設側は今回の事件に関し、「こうしたことは、会社としても初めてです」とコメントをしていますが、調べによると過去にも不祥事が多々あることが明らかとなりました。

大成建設不祥事一覧

不正入札

2006年(平成18年)5月11日 – 防衛施設庁談合事件にからむ不正入札に関して、国土交通省から30日間の営業停止命令が下りる。
また、同事件にからむ営業停止命令は、同社を含んだゼネコン大手など8社に及ぶ規模。

カントー橋の崩落

2007年(平成19年)9月26日 – TKN(大成建設、鹿島建設、新日鉄エンジニアリングのジョイントベンチャー)が建設中のカントー橋が崩落し、死者55人、負傷者79人を出す大事故となった。
調査の結果、事故の主因は予測不可能であったと結論され、TKNにより建設が継続された。

申告漏れ

同社が2010 – 2013年3月期の3年間で、約2億円の申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが、2014年6月に判明した。
指摘額のうち約6,000万円については、同社幹部社員の男性が、下請会社に対し虚偽の発注を繰り返した上で裏金を捻出し、私的にマンションを建設するための費用に使っていたとして、所得隠しと認定された。
同社はこの件については、報道機関の取材に対しコメントを避けており、問題の幹部社員も取材に応じていない模様である。

渋谷温泉施設爆発事故

2007年(平成19年)6月19日、と京都渋谷区松濤の「松濤温泉シエスパ」の別棟で発生した大規模な爆発事故。

爆発理由は、温泉を汲み上げた際に一緒に噴出するメタンガスを主成分とした天然ガスが引火したため。

設計・施工を行った大成建設側について、排管のU字部分に結露した水がたまり管が塞がれた場合ガスが排出されなくなる危険性があることを知っていたにもかかわらず、運営会社に水抜き作業の必要性を伝えなかった
(中略)
漏れたガスを検出する機器が設置されていないことを知りながらも、それらの対応を怠った

博多駅前の陥没事故

16年11月8日、福岡市のJR博多駅前で大規模な陥没事故が起きた。現場は市営地下鉄七隈(ななくま)線延伸工事の博多駅工区の一部。大成建設を代表とする5社のJVが工事を請け負っていた。
JVは事故前日に、陥没の兆候を示す異常な数値を計測しながら、福岡市に報告せずに工事を続けていたことが明るみに出た。

出典:Business Journal

なんと世間に衝撃を与えた、あの博多駅前の陥没事故も大成建設関連の事故だったのです。

大手ゼネコンは下請けの会社を多数抱えていますから、正直、下請けの会社の労働状況などは把握していないのでしょう。

オリンピックという国をあげて取り組む行事であるはずなのに、こういった不幸が訪れてしまうのはさすがに不憫すぎますし、気の毒です。

 

新国立競技場に関して

新国立競技場の事業はどのような業者が絡んでいるのでしょうか?

●(株)環境管理センター

→新国立競技場周辺整備に伴う土壌汚染調査業務

●大成建設・梓設計・隈研吾建築年設計事務所共同企業体

→新国立競技場整備事業

●大成建設(株)東京支店

→新国立競技場(仮称)新営工事(スタンド工区)

●竹中工務店東京本店

→新国立競技場新営工事(屋根工区)

●山下設計/山下ピー・エム コンサルタンツ

→新国立競技場等整備の係る発注者支援業務

●日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計共同体

→新国立競技場フレームワーク設計業務

 

など、建設関係の会社が複雑に絡んでいます。

そして現在の様子がこちらです。

 


スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

 

ブラック企業がなくならないのは日本人のせい?的確なツッコミが話題に

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを