山口小学校の自殺強要の教師は正しかった!問題児には「窓から飛び降りろ」と発言していなかった

この記事は2分で読めます

埼玉県所沢市の山口小学校で、教師が児童に対し、「窓から飛び降りろ」と発言し問題となっている事件で、新たな展開がありそうです。

「辞めさせろ!」などの辛辣なコメントが多い中、関係者とみられる人がFacebookへと投稿。

ニュースでは母親と児童のコメントしか載っていませんが、今回はこの事件の真相が明らかとなりましたので、お伝えします。


スポンサーリンク



教師が生徒に対して暴言を

日テレニュース24他、各種メディアが以下のような記事を発表し、話題となっています。

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫っていたことがわかった。
所沢市立山口小学校の40代の男性教師は今月12日、鉛筆削りの貸し借りを巡って言い争っていた小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」「命が惜しいのか。早く飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫ったという。
また、男性教師はさらに「このクラスは34人だったがあすからは33人でやっていこう」などと話したほか、以前、この男子児童の背中を蹴るなどの暴行をしていたという。
男子児童の母親「腰が痛い背中が痛いって言ってた時期があって」「背中を蹴られたりとか、首をやられたりしめられたりとか」
男性教師「『窓から飛び降りろ』と死につながることを話しました。指導に値しない暴言であり、体罰であると」
学校側は、「飛び降りろ」といった発言や暴行の事実を認め、謝罪した。今週、保護者会を開く方針。

出典:日テレニュース24

これに対して、ネット上ではこの教師の発言よりも児童に問題があり、そもそもこの教師は「今すぐ窓から飛び降りろ」などと発言していない可能性が出てきました。

 

事件の真相

Facebookに以下のような投稿がされ、話題となっています。

投稿したのは、問題の山口小学校に娘さんが通っているという女性です。

こちらの女性は、娘さんから、事件当時の詳細を聞かされたそうなのですが・・・

つまり、この女性の投稿によると、この教師は「今すぐ窓から飛び降りろ」などとは発言しておらず、ましてや、それをでっち上げ、各種メディアが偏向報道をしている可能性もあるとのことなのです。

このような発言の場合、全国区のメディアが取り上げるようなことはまずありませんが、なぜか今回は取り上げられています。

なぜなら、ニュースでは子供側の悪事を伝えることはできないからです。

格好の餌食となってしまった教師は不憫でなりませんし、不安を煽るような報道の仕方には疑問が残ります。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

●先生が一方的に叩かれてるけど、この子普段からすぐに暴力振るったりしてたようだし案外クラス内では先生が支持されているかもね

●マスコミも話題性あるほうがいいから先生に恨みはないが大げさにしたいだけとみた

●暴行や暴言などあってはならないことだが、どういう経緯でこんな事態になったのか報道して欲しい

など、メディアの報道の仕方や、この児童と母親について疑問の声が多く寄せられました。

いずれにしても、このような暴力や暴言があったのならそれは許せませんが、もしも、ニュアンスの違いで、暴言を言ったと話題作りのためにメディアが偏向報道をしているのであれば、それはもっと許されることではありません。

続報です↓

山口小学校の児童の母親は在日だった?バツ2で慰謝料目当て?マスコミへ嘘をリークか?


スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

 

山口小学校の児童の母親は在日だった?バツ2で慰謝料目当て?マスコミへ嘘をリークか?

 

【画像あり】体罰をしたコーチの名前や顔写真が判明!武蔵越生サッカー部での動画も掲載

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを