【速報】錦織圭ウィンブルドン2017、一回戦の試合結果は?

この記事は2分で読めます

 

2017年のウィンブルドンが開幕し、一回戦に錦織圭選手が登場しました。

その気になる試合結果をお伝えします。


スポンサーリンク



錦織圭試合結果

世界ランキング9位の錦織圭選手は、初戦で同102位イタリアのマルコ・チェッキナート選手と初対戦をし、セットカウント3-0で見事勝利を収めました。

終始落ち着いたテニスを披露し、第1セットから第3セットまで危なげないゲーム展開で、勝利しました。

 

試合展開

第1セットはチェッキナートのサービスで試合開始。錦織選手が立ち上がりから連続ポイントを奪い、15-40から錦織が決めてブレークで好スタートを切りました。

第2ゲームは錦織が危なげなくキープ。第3ゲームは30-40から錦織選手が、チェッキナートのサービスがインの判定にチャレンジし、成功。

アウトの判定となると、チェッキナートは続くサービスもアウトでダブルフォルトとなり、錦織選手がブレークしました。

第4ゲームからは互いにサービスゲームをキープし、5-2で迎えた第8ゲームを錦織選手がキープ。

第1セットを6-2と先取しました。

第2セットも第1ゲームから錦織選手が連続ポイントを決め、ブレークで試合が始まりました。

第2ゲームも錦織選手がキープしていましたが、第3ゲームは15-40から錦織選手のリターンがアウトとなり、チェッキナート選手がキープ。

第4ゲームは錦織選手がキープするも、第5ゲームはデュースの末、アドバンテージで錦織選手がリターンエースを決めてブレークしました。

第6、7ゲームはお互いキープし、5-2で迎えた第8ゲームを錦織選手がキープ。第

2セットを6-2で奪取しました。

第3セットも第1ゲームを錦織選手がブレークし、そこから錦織選手が4ゲーム続けて連取。

5-0で迎えた第6ゲームも錦織選手がキープし、6-0で第3セットを制しました。

錦織選手はブレークを1度も許さず、1時間11分と非常に短い試合時間で試合を終わらせるという完璧な試合展開でした。

 

2回戦へと駒を進める

2017年のウィンブルドン男子シングルスの組み合わせは、以下のようになっています。

2回戦へと駒を進めた錦織選手は、次の試合で、ジュリアン・ベネトー選手と、セルゲイ・スタウコスキー選手の勝者と対戦することになっています。


スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを