「イエロードッグプロジェクト」をご存知ですか?黄色いリボンの犬を見かけたら、そっと見守ろう

この記事は1分で読めます

 

街中で出会った可愛いワンちゃんに、ついつい声をかけたくなることもあると思います。

しかし、もしも黄色いリボンをつけたワンちゃんがいたら、近づかずにそっと見守ってあげることが重要です。

一体どういうことなのでしょうか?


スポンサーリンク



イエロードッグプロジェクトとは

世の中には、黄色い色のリボンやバンダナをつけたワンちゃんがいるのをご存知ですか?

こちらは、スウェーデン発のプロジェクトで、『イエロードッグプロジェクト』と言い、様々な理由によって、「そっとしておいてほしい」犬であることの目印として、黄色いリボンやバンダナをつけることでその気持ちを表す運動のことを指します。

そっとしておいて欲しい理由は様々ありますが、中でも健康上の問題やトレーニング中であったり、社会復帰のための訓練中といった理由があげられるようです。

もし、このようなワンちゃんを見かけたら、自分自身が近づいていくだけでなく、自分の飼っている犬が近づいてしまわぬように、距離を取るなどの気遣いをすることが大切です。

▼実際のワンちゃんの様子

まだ日本ではあまり認知されていないこの『イエロードッグプロジェクト』ですが、インターネットを通じて世界中で広まっています。

もし、このようなワンちゃんを見かけた時のために、ぜひとも覚えておきたいものです。


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

これって動物虐待?違います!こんな犬がいる事実を知ってください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを