人前で息子をビンタした母親に見知らぬ”年配女性”が一言。その言葉に母親は泣き崩れる…

この記事は2分で読めます

 

今回ご紹介するエピソードは、とある方がネット上に投稿したもので、非常に感動的であるとして話題となっているものです。


スポンサーリンク



ショッピングモールでの出来事

昨日、家の近くのショッピングモールで赤ちゃんを抱っこし、5歳くらいの男の子を連れたお母さんに遭遇しました。

男の子はグズっていて、お母さんは鬼の形相です。

ものすごい剣幕で男の子を怒鳴り「ほらっ!いくよっ!」と腕を引っ張りますが、男の子は泣き叫ぶばかりで動こうとしません。

この泣き声はモール中に響きわたる、ものすごいものでした。

そうこうしていると、お母さんがついにキレ出し、「いいかげんにしてよっ!」と男の子のほっぺたを平手打し、ばちーん!と乾いた音が響き渡りました。

その場で見ていた私も思わずドキッとするくらいのものすごいビンタです。

「あらやだ。子供がかわいそう」

「虐待じゃないかしら」

「通報した方がいいのかな~?」

などの声が周りからもあがり、基本は放っておくのですが、私はお母さんがどのように対処するのか見守ることにしました。

 

年配女性の素晴らしい対応

すると、そこへひとりのご年配の女性がやってきて

「まぁまぁお母さん、大変やね~」と声をかけたのです。

私はてっきり、「子供になんてことするの!やめなさい!」と、母親の方を怒ると思いきや、こんな言葉をお母さんにかけたので拍子抜けでした。

さらにその女性は、「お母さんも本当にたいへんやね~。赤ちゃん生まれてからちゃんと寝てないんでしょ?そりゃイライラもするわねー。(男の子に向かって)ぼく?ぼくも頑張った。頑張ったねー。よく泣いたね、偉い偉い!きっと赤ちゃん生まれてから、お兄ちゃんだから我慢しなさいって言われて、ずっと頑張ったのよねー。あー、偉い偉い!お母さんもぼくも、ふたりとも偉い偉い!

と、男の子とお母さんの頭を撫で、その場を去って行ったのです。

お母さんは男の子を抱きしめ、その子以上に泣き、その場に崩れ落ちました。

ショッピングモールの通路の真ん中で、そのお母さんは人目もはばからず、声をあげて泣いていました。

そうしたら、誰かがそっとお母さんにティッシュを差し出しましたが、私はその時何も出来ませんでした。

その間、時間にしてほんの3、4分のことです。

私、何もできなかったなと後悔をすると同時に、あの年配女性の対応の素晴らしさに嫉妬しました。

 

その場だけで判断してしまう

私たちは、その場の状況だけを見て判断してしまいがちです。

今回のケースで例えるなら、「子供を殴るなんて、酷い母親だ」とか、「幼い我が子を人前で殴るなんて最低の母親だ」などです。

虐待や幼い命が危険に晒されることが多い昨今では、なおさらです。

ですが、母親であるみなさんなら一度はこんな経験があるのではないでしょうか?

赤ちゃんが生まれて、子育てがものすごく大変なのに、やっとの思いで買い物に来たと思ったら、上の子が言うことを聞かずに母親を困らせる。

一刻も早く帰りたいし、人前で騒がれても困る。それに思わずイライラして怒鳴ってしまう。

挙句の果てには、虐待とか酷い母親などと責められる。

しかし、それは他人から見た客観的状況です。

もしも、子供と一緒に声をあげて泣いてるお母さんを見たら、いかに子育てが大変か少しは分かってあげられるかもしれません。

少し冷静になり、時には他人の気持ちになって考えてみることも、必要なのではないでしょうか?


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

日本人は冷たい?宇多田ヒカルの「東京は子育てしにくそう」との発言に、共感の声多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを