豊田真由子議員が秘書に絶叫暴行!最凶伝説と言われるモンスターの本性とは?園遊会での奇行の詳細も

この記事は2分で読めます

 

自民党の豊田真由子議員が過去に秘書やスタッフに暴行をしていたとデイリー新潮が報じ、波紋が広がっています。


スポンサーリンク



豊田真由子議員が絶叫暴行

デイリー新潮が以下のような記事を報じ、波紋が広がっています。

以下、記事抜粋です。

2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

[音声]秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声

***

豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!! 〉

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。

取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。

***

6月22日発売の「週刊新潮」では、豊田代議士による「絶叫暴言」「暴行傷害」の具体的な中身について詳しく報じる。また「週刊新潮Twitter」、「デイリー新潮」にて音声の一部を公開する。

出典:デイリー新潮

豊田真由子とは

ここでは、豊田真由子議員の経歴やプロフィールをご紹介します。

プロフィール

【名前】:豊田真由子

【読み方】:とよた まゆこ

【出身】:千葉県

【生年月日】:1974年10月10日

【年齢】:42歳(2017年6月現在)

【学歴】:ハーバード大学大学院

経歴
・2002年 ハーバード大学大学院卒業
・2003年 金融庁総務企画局に入局
・2011年 厚生労働省入局
・2012年 自民党埼玉県第四選挙区支部支部長
・2012年 衆議院議員総選挙当選
・2015年 オリンピック大臣政務官就任

名門ハーバード大学卒業後は、厚生省に入るなど、エリート街道まっしぐらで、順風満帆のように思えます。

 

最凶伝説とは

豊田真由子議員は、過去に園遊会で事件を起こしています。

園遊会とは、天皇皇后両陛下が主催し、赤坂御所で行われる社交会(宴会)のことです。

そんな格式高い席で、豊田議員は招待されていない人物と一緒に会場に入ろうとしたのです。

その際、止められたことに腹を立てて「入れなさい!!」大声で叫んだとのことです。

同行していた人物は母親であったそうですが、係員には旦那であると言い張り、最終的には強引に入場してしまったといいます。

これがいわゆる最凶伝説と呼ばれるものです。

さらに、このクレームの仕方が酷いあり様から、永田町では”モンスター・クレーマー”として有名になっています。

このような奇行は日常茶飯事のようで、豊田議員は危険人物として認知されていたため、今回の事件も何ら不思議なものではありません。


スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを