男に睡眠薬を盛られた?インパルス堤下が交通事故を起こした本当の理由

この記事は2分で読めます

 

人気お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さんが、6月14日の未明、東京都狛江市の路上で睡眠薬を飲んで意識が朦朧とした状態で車を運転し、警視庁が当時の状況を調べていると、14日、各メディアが報じました。


スポンサーリンク



インパルス堤下が睡眠薬を服用し運転

サンケイスポーツによりますと、お笑いコンビ「インパルス」のツッコミ担当堤下敦さんが、警察から事情聴取をされているとのことです。

14日午前2時25分ごろ、東京都狛江市東和泉2丁目の都道に停止した車の中で、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が意識がもうろうとした状態でいるのが見つかった。警視庁調布署によると、「睡眠薬を飲んだ」と話しており、同署は薬物の影響で正常な運転ができなかった可能性があるとみて、道交法違反容疑で事情を聴いている。

同署によると、堤下は、運転席でハンドルにもたれかかった状態で見つかった。病院に搬送して検査した結果、睡眠導入剤の成分が検出された。アルコールや違法薬物の反応はなかった。

車体の右後方や、ホイールに擦ったような跡があり、堤下が事故を起こした疑いもある。

出典:サンスポ

縁石に乗り上げてしまったのなら、道交法違反に該当する恐れがあります。

しかし、堤下さんはなぜ睡眠薬を飲んだ状態で車を運転していたのでしょうか?

 

見知らぬ男に睡眠薬を飲まされた

堤下さんは大の銭湯好きとして知られ、その中でもサウナが好きなようです。

自身のツイッターには、以下のようなサウナに関するツイートを数多くしております。

事故のあった当日も、堤下さんはスーパー銭湯に行っており、サウナを楽しんだ帰りだったそうです。

その際、お風呂上がりに見知らぬ男から渡されたアイスティーを飲んだところ、極度の眠気に襲われ身の危険を感じたため車に乗り、帰路についたのだとネット上では噂されています。

つまり、これが事実であるならば、堤下さん自らの意志で睡眠薬は服用していないということになります。

さらに、お風呂上がりということも相まって、血行が良くなっており、普段よりも薬の効き目が早くなった可能性も考えられます。

タイガーウッズさんと似たような事故ではありますが、薬を盛られた飲み物を飲まされたとなると、何かしらの事件に巻き込まれた可能性も出てくるでしょう。

追記

オリコンニュースが以下のような記事を報じました。

(ー中略ー)

会見で堤下は、運転前に服用していたのは、睡眠導入薬の「ベルソムラ20ミリグラム」、「レンドルミンD錠0.25ミリグラム」を1錠ずつ、アレルギー薬の「アレジオン錠20ミリグラム」を2錠だと説明。1ヶ月前からアレルギー症状に悩み、病院から処方されたもので、今回初めて服用したという。

服用したタイミングは、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を口にし、時間は午前0時30分から1時の間。今回、初めて服用し、薬剤師の説明を受けたが、自らインターネットで薬の情報を事前に調べていたといい「銭湯から自宅まで10分かからない場所。薬が作用するまで多少すると(情報を)目にしたので飲んでしまった」と話し、医師からは運転前の服用は控えるよう指導されていたことも明かした。

出典:オリコンニュース

どうやら、他人に強引に飲まされた可能性は引くようです。


スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを