あなたはこのマークの意味を知っていますか? 街で見かけたら、心優しい気遣いを

この記事は2分で読めます

 

この緑色のマークをご存知ですか?見たことはあっても、その意味まで知っているという方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

今回はこのマークの知られざる意味についてご紹介します。


スポンサーリンク



覚えておこう「耳マーク」

Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@PrinceRiceさん。

投稿によると、こちらのマークは知らない方が多いため、ぜひ覚えておきたいとのこことです。

そのマークがこちら。

こちらのマークは「耳マーク」と言います。

聴覚障害者の方は、見た目では不自由であることが分かりづらく、日常生活で不便だと感じることが多くあります。

しかし、このマーク1つで、自分の耳が不自由であることを表し、周囲に理解と協力を求めることが出来るのです。

 

耳マークについて

この『耳マーク』ですが、一般社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会という団体が普及に尽力している、耳の不自由な人のためのシンボルマークです。

耳に音が入ってくる様子を矢印で表現し、さらに聞き取ろうとしている様子を一目で分かるように表しています。

こちらの団体によると、耳マークについてこのように記されています。

「聞こえない・聞こえにくい」と日常生活の上で人知れず苦労します。  

聴覚障害者は、障害そのものが分かりにくいために誤解されたり、不利益を受けたり危険にさらされたりするなど、社会生活のうえで不安は数知れなくあります。

「聞こえない」ことが相手にわかれば相手はそれなりに気遣ってくれます。

目の不自由な人の「白い杖」や「車いすマーク」と同じように、耳が不自由ですという自己表示が必要ということで考案されました。

出典:全日本難聴者・中途失聴者団体連合会

また、地方自治体や病院、銀行といった施設が「このマークを掲示し、耳が不自由な方には申し出があれば必要な援助をする」という意思表示をする使い方もあります。

 

耳マーク普及のために

耳マーク普及のために、障害のある方が自主的に身につけられるよう、バッジやキーホルダー、ストラップなどのグッズも作成され、販売もされています。

▼バッジ

▼キーホルダー・ストラップ

このマークを身につけている人は聴覚障害者であり、何かしらの援助協力を求めている可能性があります。

こういった方々と接する際には、はっきり・ゆっくりと話したり、身振り手振りを交えたり、筆談したりするなど、相手が求ている気遣いをしてあげられるよう心がけましょう。

そして、もっとも大切なのが、耳マークの存在をしっかりと認知するということなのです。


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

あなたはヘルプマークについてどのくらい理解をしていますか?

 

あなたは知っていますか?視覚障害者による『白杖SOS』の本当の意味を

 

error: You never click here!!