あなたは知っていますか?「透明なリボン」に込められた切なる想いを

この記事は2分で読めます

 

世の中には様々な障害がありますが、見た目だけでは分かりにくい障害もたくさんあります。

例えば、内部障害を持っている人、難病を抱えている人、発達障害、色覚障害、難聴など。

今回は、見えない障害で困っている人たちがいるという事実を知ってほしい、考えるきっかけになってほしいと始まった「見えない障害バッジ」についてご紹介します。


スポンサーリンク



見えない障害バッジとは

みなさんは、こちらのリボンが何であるかご存知ですか?

透明なリボンに不朽の名作童話「星の王子様」から引用された「大切なものは目に見えない」と書かれたこちらのバッジ。

このバッジは、「バッジをつけて、見えない障害を知ってもらおう」と、2011年頃から、Twitterを通じて集まった人たちの「心優しい気持ち」によってスタートしました。

このバッジには主に、2つの想いが込められています。

1つ目は、「見えない障害を抱えている人の中には、障害者と認めてもらえないために、福祉制度の支援を受けることが出来ず、困っている人たちがいることを知ってほしい」という想いです。

そして、2つ目は「『見えない障害を抱えている人』と『見えない障害を抱えている人を支援したい人』とを繋ぎたい」という想いです。

このように、「見えない障害バッジ」は、支援したい人が使用する『啓発用』と、実際に障害を持っている人が使用する『当事者用』の2種類があり、区別をするために、当事者用にはハートマークが付けられています。

 

どこで手に入るの?

この「見えない障害バッジ」ですが、どこで手に入れることができるのでしょうか?

このバッジは、目に見えない障害を抱えている当事者のみならず、そういった方々を支援したい人もつけることが可能です。

現在、このバッジは「わたしのフクシ。」というサイトで販売・発送を行っており、企業やNPO法人ではない、Twitterで集まった有志の方々で運営されています。

資金や時間等の問題もあり、販売できる時期が不定期なようですが、Twitter、Facebookといった各SNSでもお知らせをしていますので、気になった方はぜひ、チェックしてみてください。

▼Twitter

▼Facebook

制度の谷間を知ってほしい

前述した通り、見えない障害を持つ方々は、福祉制度による支援が受けられないというケースがよくあります。

例えば、内部障害の方はこういった症状を持っています。

1日に4時間しか活動できず常に体がだるい

しかし、この症状では”障害者”として認められないので、企業も障害者雇用への行政支援を得られず、健常者と同じ処遇を受けなければなりません。

それは、特別な人だけの話ではありません。

誰でも明日、当事者になる可能性がありるのです。

見えない障害を持ち、制度の谷間で人知れず困っている人がたくさんいます。

多くの人がこの問題を身近に感じ、考えるきっかけとなれば幸いです。


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

あなたはヘルプマークについてどのくらい理解をしていますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを