PCデポの店員が客のクレカ情報を盗み、不正利用!!ネットでは批判の声

この記事は2分で読めます

 

PCデポ」はパソコンの周辺機器をメインで取り扱う家電量販店です。

そんな「PCデポ」ですが、この度、客のクレジットカード情報を盗みとり、店舗ぐるみで不正利用し炎上していますので、ご紹介します。


スポンサーリンク



客のクレカ情報を盗み取る

 

ツイッターに以下のようなツイートがなされ、物議を醸しています。

これらのツイートは、自分の犯罪を自慢した、いわゆるバカッターと呼ばれる類のものです。

▼クレカ情報で買い物

なんと、お客さんのクレカ情報を盗み取り、お買い物をしている人がいるのです。

さらにこの人はこのように続けます。

▼お年寄りがメイン

カード情報を盗み取る人はほとんど、そういった情報に疎いお年寄りを狙っているとのことです。

▼具体的な手口

このツイートにあるDropboxとは、他人とファイルを共有できる便利なアプリのことです。

一見すると面倒な手口のように思えますが、慣れると簡単にできてしまうのでしょう。

▼クレカを渡す鴨

お客さんがクレジットカードを実際に渡している現場を、写真付きでアップしています。

ですが、クレジットカードをPCデポの店員に渡した時点で、その情報を盗まれます。

これは言うまでもありませんが、犯罪です。

 

実際の被害者の声

 

この犯罪報告を受け、ツイッター上には、PCデポのクレカ情報抜き取りに関する被害の声が続々と上がっていますので、その一部をご紹介します。

それがこちら・・・

 

 

など、身に覚えのない請求をされている人が多いようです。

クレジットカードを渡しただけで、毎月のように見知らぬ請求がくるのは、はらわたが煮えくり返る想いだと思います。

 

店舗ぐるみでの犯罪

店のパソコンでカード情報を盗みとり、不正利用するといのは明らかに店舗ぐるみでの犯罪です。

さらに、この手口は常習的に行なっていて、被害は数千件にも及ぶそうです。

ですが、PCデポ側は「従業員がやったかどうかは確認できない」と、非常に挑発的なコメントを残しており、真摯な対応をしていません。

事件が明るみになったのは最近ですが、それまですっと長い間、このような情報に疎い人物から搾取していたことは間違いありません。

客のクレカ情報を盗みとり、それを不正利用し買い物をする。

こんな犯罪行為を堂々と店ぐるみで行う店舗が存在しているのを許せますか?


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

「コンビニ店員の何気ない接客に隠された犯罪」がレシートから発覚!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを