亀田製菓「ソフトサラダ」に金属片が混入!女児が怪我をするも公表・回収せず

この記事は2分で読めます

 

柿の種やハッピーターンでおなじみの「亀田製菓」の商品に金属片が混入していたことが明らかとなりました。

しかし、商品の自主回収や事実の公表を見送っていたことが判明し、問題となっています。


スポンサーリンク



 

「亀田製菓」異物混入を公表ぜず

 

河北新報が報じたニュースによりますと、亀田製菓の商品に異物混入がされており、その事実を公表せず、商品の自主回収も行っていなかったことが明らかとなりました。

 

 

亀田製菓(新潟市)の煎餅を食べた大崎市の小学2年の女児(7)が、混入していた金属片で口の中を切るけがをしていたことが23日、分かった。

金属片は機械の洗浄に使う金ブラシの一部という。

 

同社は女児側に謝罪したが、被害は拡大しないと判断し、商品全体の回収や公表を見送った。

 

金属片が混入していたのは同社の「ソフトサラダ」。

女児が4月3日に仙台市の友人方で出された煎餅を食べたところ、針金状の金属片が歯茎に刺さった。

母親は直後に同社の相談窓口に連絡。社員が同日、謝罪に訪れ、商品と金属片を回収した。

 

同社によると、回収した商品は水原工場(新潟県阿賀野市)の製造。

金属片は長さ12.3ミリ、太さ0.3ミリで、給水配管内の異物を取り除く「ストレーナー」という部品を洗浄する金ブラシの一部だった。

今後はストレーナーの洗浄をやめ、交換するという。

 

女児の父親(41)は取材に

「小さい子が飲み込んだら大変だ。他にも混入の可能性があり、非公表の判断はおかしい」

と話した。

 

同社の広報担当者は「けがをした女児と家族には大変申し訳ない被害の報告が他にはなく、公表を見送った品質管理の向上に努めたい」と説明した。

出典:河北新報

 

なぜ、被害は拡大しないとの判断に至ったのでしょうか?

そもそも、それを判断するのは事故を起こした当事者ではなく、消費者庁などの第三者機関であると思うのですが。

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●日常的にもみ消しているだけなのかも。

普段は騒ぎにならないから、「はぁ?なんでその程度で騒いでるんだ?馬鹿じゃないの?」てな感じなんじゃないかな。

 

●歯茎にワイヤーの歯が突き刺さるって痛そう。トラウマになるわ。

安心安全を謳ってるのにここ金属探知の工程ないんだ。

 

●他にないから公表を見送るって、回収してないんだから言い訳になってないな

 

など、あまりにもひどい対応に批判が殺到しました。

 

ご自宅のは大丈夫!?

 

今回問題となっているのは、亀田製菓より販売されている「ソフトサラダ」という商品です。

 

非常にポピュラーな商品であるため、みなさんのご自宅にもあるかもしれません。

しかし、この「ソフトサラダ」にこのような金属ブラシの破片が混入していたのです。

※写真はイメージです

ちょっと考えただけでも、恐ろしいですし、ましてや小さいお子さんともなると、危険性が増すのは当然です。

何年何月に製造された「ソフトサラダ」に金属片が混入していたかは、亀田製菓側が公表していないのでわかりませんが、いずれにしても、この「ソフトサラダ」を食べる際には注意をした方が良さそうです。


スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

ピザポテトがまた食べれる!?9月からポテチが再び店頭に!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを