「LGBTへの差別的言動」を真っ向から否定した回答に賞賛の嵐!

この記事は3分で読めます

 

世間では、まだまだ同性愛者や性転換をした方への風当たりは強く、差別的言動は後を絶ちません。

今回は、そんな同性愛者への差別的言動についてご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

見ていて気持ち悪いです

 

ネット上に投稿された画像が話題を呼んでいます。

とあるお店が、お客様からの声を募集したところ、同性愛者に言及した内容が寄せられたそうです。

 

 

 

 

【お客様の声】

 

最近、このお店に買い物に来ることが多いです。安いし、品揃えもいいし、最高です。

ですが、昨日きた時に気持ち悪いものを見ました。

昨日、お店にきた時に1階の駐車場で、車の中から手を繋いで出てきた男の人たちがいました。

同性愛者というやつなのでしょうか?

 

最近はどんどん増えてきているといいますが、やっぱり見ていて気持ちが悪いです。

 

お店としては、そういう人たちを入店できないような対策を取ろうとは思いませんか?

そういう人たちは家とかでこそこそ会っていればいいのに・・・と思います。

 

対策とかしてくれないなら二度と来ません。

 

そういったお店ってこともインターネットに流します。

 

出典:Twitter

 

このお客様の声では、「気持ち悪い」と、同性愛者(男性同士)のことを痛烈に批判しています。

しかし、これに対するお店側の反応が素晴らしいのです。

 

もう来ないで下さい

 

このお客様からの投稿に対して、お店の本部からこのような返答がされます。

 

 

 

 

【本部 個性輝く生き方推進室長 がお答えします】

 

結論から申し上げます。もう来ないでください。

 

当社では、同性愛者の方異性愛者の方も関係なく、みなさま同じお客様として接しております

 

お客様は神様だという認識も誰一人として持っておりません。

 

皆さま大切なお客様です。

お客様を侮辱する方を、当社はお客さまとしてお迎えすることができません

ですので、二度と来店なさらないでください。

 

また、当社ではLGBTの方々が多く働いておりますが、気持ち悪い辞めさせろといった意見は一切出ておりません。

あなたさまの考え方や感じ方を否定するつもりはございませんが、

 

LGBTの方々の生き方を真っ向から踏みにじるような言動はおやめください。

それだけをお願い申し上げます。

 

出典:Twitter

 

素晴らしい、正論です。

差別的言動をする人はこの会社にとっては、お客様ではないと感じたのでしょう。

来店されずに、一人の顧客から得られる利益が減ることより、会社・企業としての社会的責任を果たしたのです。

ここで、少し気になるのが、LGBTという言葉だと思います。

あまり聞きなれない言葉ですが、一体なんなのでしょうか?

 

 

LGBTについて

 

 

 

 

LGBTとは L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダーの頭文字をとった言葉で、

順番に、女性同性愛者男性同性愛者両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のことを言います。

そして、性的マイノリティに対して、ポジティブに使われる言葉です。

世界の基本的な摂理として、男性は女性を、女性は男性を愛する、つまり異性を愛することが基本とされています。

しかし生まれながらに、異性を愛する対象として見れない方や、自分の性別に疑問を持つ方など、性的マイノリティの方も存在しています。

異性を愛するのが”普通”で、それ以外を一辺倒に”気持ち悪い”と考えるのは、あまりにも身勝手であり、残念な考え方です。

そして、この会社の本部の方の対応は、全てのクレーマー対応に通じるものがあり、全てのサービス業に従事する方が見習うべき内容です。

このような姿勢を示す企業が増えていくと、あらゆることに因縁をつけてくるクレーマーが減っていくのではないでしょうか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

クレーマーを接客した店員の対応がかっこよすぎるとSNSで話題に!

 

 

error: You never click here!!