経歴詐称で活動自粛中の”ショーンK”ことホラッチョ川上がテレビ復帰か!?

この記事は2分で読めます

 

経歴詐称などの問題で活動を自粛し、表舞台から姿を消していた、自称コンサルタントのショーンKこと本名「川上伸一郎」氏が、テレビに復帰する可能性があることが明らかになりました。


スポンサーリンク



 

 

ショーン Kとは?

そもそもショーンKさんとは一体どのような人物なのでしょうか?

ショーンKさんは本名を「川上伸一郎」といい、ビジネスネームである「ショーン・マクアードル川上」として、

テレビやラジオなどに出演していた人物です。

アメリカの名門大学「テンプル大学」を卒業後、「ハーバード大学」のビジネススクールで経営学修士の資格を取得したと言われています。

ショーンKさんのオフィシャルサイトのプロフィールによれば、「ニューヨーク市でアイルランド-アメリカ系日本人の父と日本人の母の間に生まれ、11歳の時に日本に渡り、高校卒業まで日本で過ごした。」

と掲載されています。

その端正な顔立ちや、低く落ち着きのある聴きやすい声、冷静な分析の元にされるコメントなどが人気で、『報道ステーション(テレビ朝日系)』のコメンテーターなども務めていました。

 

経歴詐称で活動自粛

そんな人気絶頂の中で、2016年3月ごろ、週刊文春が「ショーンKの経歴は詐称である」と報じ、このことが瞬く間に世間に広がりました。

この報道の後、所属事務所のホームページでこの件について謝罪し、実際には、テンプル大学ジャパンに入学後、すぐに中退していることも明かしました。

卒業後在籍していたとされていた『ハーバード大学』もオープンキャンパスの授業を取ったのみで、学士を含め学位・修了書が発行されるプログラムには一切参加していないことを認め、謝罪しました。

その後、自身のレギュラー番組である『報道ステーション』やJ WAVEでのラジオ番組を降板し、世間から姿を消しました。

しかし、経歴詐称をしていると言われても、この低く落ち着いた声でコメントすることから、妙に説得力があると感じた方もいらっしゃるのかもしれません。

さらにこれだけ嘘をついているのに、しっかりとした経済や経営の知識英語力トーク力もあったことから、とんでもない努力家なのではないかという一面も伺えます。

 

ショーンKが復活!?

 

およそ一年もの間、世間から姿を消していたショーンKさんが、メディアの前に姿を現し、テレビ復帰する可能性が出てきました。

騒動以降もラジオと講演会の仕事が絶えないといった噂もありましたが、今回噂されているのは、「しくじり先生(テレビ朝日系)」への出演です。

しくじり先生(テレビ朝日系)」は、過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティーとして人気のある番組で、過去にも”やらかした”芸能人が数多く出演しています。

そして来月のOAで、この”しくじり先生”役としてショーン Kさんが出演すると言うのです。

この番組を機に、長らく表舞台から姿を消していた人も見事に復帰を果たしている実績もあるため、ショーンKさんも今後、メディアへの露出が増えるかもしれません。


スポンサーリンク



 

 

 

あなたにおすすめの記事

 

日本での学歴信仰はなくなるのか!?学歴詐称や差別など、学歴が日本にもたらす影響とは

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを