「僕がクズすぎてベッキーを実家に連れてった」ゲスの極み川谷がワイドナショーに出演

この記事は2分で読めます

 

タレントのベッキーさんとの不倫騒動が原因で、活動を自粛していたロックバンド「ゲスの極み乙女」のボーカル、川谷絵音さんが、およそ10ヶ月ぶりにメディアに出演し、注目を集めています。


スポンサーリンク



 

 

およそ10ヶ月ぶりの出演

川谷さんは7日、人気ワイドショー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演しました。

川谷さんはおよそ10ヶ月ぶりとなるメディア出演となり、ベッキーさんとの当時の不倫状況などを赤裸々に告白し、メインコメンテーターの松本人志さんからしきりに突っ込まれれるなどの一幕も見られました。

松本さんは開口一番に「ゲスが出たぞー」と叫び、笑いを誘う場面もあり、終始和やかな雰囲気で番組は進行していました。

共演者からは、イメージと違い誠実そうなどと、報道と実際会うのとは印象が違うといったコメントも多く寄せられました。

 

なぜメディアに出ることにしたのか?

記者会見などの出演を頑なに断っていた川谷さんですが、なぜこのようなタイミングでメディアに出演することにしたのでしょうか?

番組中で川谷さんは

不倫は自分のことではあるのに、自分のこのとではないような感覚。

どこかで自分で話す場面が必要だと感じていたが、

記者会見をやるほどではなかった。

しかし、どこかでメディアに出て、再出発したかったし、

数ある番組の中でワイドナショーなら大丈夫と判断したため出演を決意した」

と語っています。

 

そもそもなんでメディアに出なかったのか?

そもそもなぜ川谷さんはメディアの出演を頑なに断っていたのでしょうか?

これに対し、川谷さんは

「ライブで喋っても変なとこを切り取られて報道されてしまっていた。

そのため、電話で週間文春に相談したが、そのことも変なとこだけ切り取られた。」

 

など、メディアに出て発言することへ不信感を抱いていたことを告白しました。

さらに、「ゲス不倫」という言葉に関しても、僕が作った訳ではないのでなんとも言えないと、「ゲス不倫」という言葉が一人歩きしている様子も伺えました。


スポンサーリンク



 

ベッキーを好きだった

不倫騒動の渦中でも、川谷さんはベッキーさんのことを好きで、会いたい気持ちを伝えたいから歌詞を書いたと告白しています。

さらに、奥さんがいるのに、ベッキーさんのことを好きになってしまったことを明かし、実家に連れていった当時の心境も告白しました。

「ベッキーは行きたくないって言ったけど、僕がクズすぎて連れてった。親に紹介したけど、戸惑うばかりでそれ以上何もなかった」

さらに、ベッキーさんから「記者会見を見ないで」とLINEされたとし、騒動の中でもベッキーさんとLINEをしていた事実も明らかになりました。

 

ほのかりんとの関係は

現在川谷さんは、モデルやタレントとして活動しているほのかりんさんと交際しています。

交際期間中に、ほのかりんさんが未成年であるにも関わらず、飲酒をしていたことが明らかとなり、そのことについて、川谷さんは未成年の飲酒を認めたため、活動を休止したとしています。

大人としてのけじめをつけなければならないとする本人に対し、メンバーやファンからは、「こんなことで休むわけにはいかない」など、自分と心境が違っていることも明らかになりました。

何れにしても、これから活動を再開する『ゲスの極み乙女』とそのボーカル川谷絵音さん。

これからの活動に注目が集まります。


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

【芸能】今年は豊作!?芸能界の不倫騒動で世間を賑わせた人たちはこんなにもいた!!【2016】

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを