武力攻撃に対応。ラジオの生放送時に”必ず”置いてある原稿とは

この記事は2分で読めます

 

皆さんはラジオの原稿をご覧になったことはありますか。

今回ご紹介するのは、あまり読んで欲しくはないラジオの原稿です。

 

 


スポンサーリンク



 

 

ラジオの生放送原稿

 

ネット上に投稿された画像が話題を呼んでいます。

投稿によると、こちらの画像は最近のラジオの生放送時に必ず用意されているという原稿です。

 

 

 

 

いつ、北朝鮮による武力攻撃がされるかわからない状況の中だからこそ、

このような原稿が用意されているのです。

もちろん空欄には、その時の状況次第で何が入るのかが変わってきますが、

テンプレートを用意することで、スムーズにリスナーに伝えることができます。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

そんな原稿が目の前のあるんですね!

永久に必要ない原稿であって欲しい!!

 

いくら楽しい放送であっても、これが傍に置いてあると、ちょっとピリッとするね

 

こういう、事前に有事が起こりそうな場合は、

あらかじめ原稿作られてるのか。

地震とかもテンプレあるのか?

 

など、読まれてほしくないといった意見が目立ちました。

 

北朝鮮関連の速報を出す仕事

 

 

 

ネット上ではこれに伴い、北朝鮮からの武力攻撃があった際、

テレビに速報のテロップを出す仕事をしている人が、コメントを寄せています。

 

基本的には、速報を出す以外は暇だそうで、食堂やお風呂も完備されている施設で、

自由に過ごすこができるそうです。

それでいて待遇は、週休3日で総支給35万ほどだそうで、

速報がでた瞬間に原稿を仕上げ、テロップとして誤字脱字なく送信することができれば、何も問題ないそうです。

一般的には、CM中にテロップを送信することができませんが、

北朝鮮からのミサイル攻撃などの有事の際は、CM中であっても、速報テロップが流れることがあるそうです。

今後、このようなテロップが流れて来ることがないように、願うばかりです。

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

北がミサイルを放った際の対処法は?緊迫した”米朝関係”をわかりやすく解説します。

 

 

error: You never click here!!