スペースワールドの跡地にイオンが!西日本最大級のアウトレットも

この記事は2分で読めます

 

今年末で閉園する北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」の跡地活用策で、

大手流通会社のイオンが、西日本最大級とみられるアウトレットモールや、

レジャー施設を合わせた九州初の複合型施設を計画していることが24日、判明しました。

 

 


スポンサーリンク



 

スペースワールドの跡地にイオンが!?

 

福岡や、北九州中心の情報を発信している、西日本新聞によりますと、

今年末に閉園するテーマパーク「スペースワールド」の跡地に、

イオンの複合施設が建設されることがわかりました。

 

 

閉園から4、5年後の開業を計画

 

今年末で閉園する北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」(SW)の跡地活用策で、

大手流通会社のイオン(千葉市)が、

西日本最大級とみられるアウトレットモールやレジャー施設を合わせた九州初の複合型施設を計画していることが24日、分かった。

開業時期は、閉園の4、5年後を目指しているとみられる。

関係者によると、計画では閉園後、数年かけて新施設を整備

 

(=中略=)

 

アウトレットモールに加え、子ども向けのレジャー施設も開設されるもようだ。

九州初の施設を設け「市外から集客ができる施設を目指している」(行政関係者)という。

イオンは11年、埼玉県越谷市のショッピングモール(26万4千平方メートル)隣接地に、

同社初のアウトレットモール「レイクタウンアウトレット」(7万6千平方メートル)を開設している。

 

(=中略=)

 

人気セレクトショップやブランドショップ約140店舗が入居しており、

ショッピングモール部分も含め、全体の年間来場者は約2千万人という。

SWの跡地活用を巡っては今月7日、

福岡県の小川洋知事と北九州市の北橋健治市長が新日鉄住金の佐久間総一郎副社長と都内で面会し、

活用策の方向性を早期に示すように要望。

同社側から具体的活用案への言及はなかったが「近く検討状況を示す中間報告をする」との回答を得ていた。

 

出典:西日本新聞

 

テーマパークの広大な敷地の跡地なだけに、

相当巨大なショッピングモールができることが期待されます。

福岡にあるヤフオクドームに換算すると、3個分超になるそうです。

 

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●スペースワールドの跡地ってめっちゃでかいイオンが出来るのか!

 

●日本中イオンとアウトレットだらけ

中国人が銀座で我々はアウトレットで買い物を。

イオンはシャッター商店街を作り続け、地域で商売がうまくいかなければ簡単に撤退する。

残るのはシャッター商店街だけ。

 

●スペースワールド駅はイオン駅になるの?

 

など、西日本最大級の商業施設への転換に、驚きを隠せないといった意見が多く寄せられました。

 

 

スペースワールドは経営困難に陥っての閉園なだけに、

イオン等の商業施設への転換は致し方ないでしょう。

これから、どのような発展していくのかに注目です。

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

【傷害】ディズニーシーでDQNカップルが起こしたチケット強奪事件

 

 

error: You never click here!!