「最低賃金1500円に!」このデモに対し「高すぎる!」と批判している人へ

この記事は2分で読めます

 

労働者の最低賃金を「時給1500円」に引き上げることを求めて運動している若者のグループ「エキタス」が15日、

東京・新宿でデモを行いました。

しかしこれに対し、批判的な意見が多数寄せられていますが、

今回は、この「時給1500円」に隠された数字的なカラクリを紐解いてみたいと思います。

 

 


スポンサーリンク



 

 

最低賃金の引き上げを

 

 

4月15日、東京・新宿で『労働者の最低賃金の引き上げを』をモットーに、若者らが中心となってデモを行いました。

若者たちは

 

「1500円は『健康で文化的な最低限度の生活』に必要な最低限の金額です

1000円じゃなくて1500円と言うのは、ちょっと夢があるから。

夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ」

 

と心の叫びを訴え続けました。

しかし、このデモに対し、かなりの批判的な意見が多く寄せられました。

その中には、

 

デモなんかやってないで働けば!?

 

そんなこと言う前に自分で起業すればいいだろ

 

デモした人たちは今まで1500円以上の働きをしてるってこと?どこから自信が来るの?

 

などといった、辛辣なものもあります。

 

ここで、「最低賃金1500円」が高すぎると思ったあなた。

次の数字的なカラクリを見るとその考えは払拭されるはずです。

 

 

時給1500円のカラクリ

 

 

世間一般の反応として、「時給1500円」と聞くと、高いという印象を受けるでしょう。

しかし、「月給24万」と聞くと、結構もらっているなという感覚になるはずです。

さらに、「年収288万」と聞くと、少ないんじゃない?と思う人もいるかもしれません。

ここで注目したいのが、全ての数字は「時給1500円」として換算した値だということです。

 

 

・1日 ¥1,500×8時間=¥12,000

 

・1週間 ¥12,000×5日=¥60,000

 

・1ヶ月 ¥60,000×4週間=¥240,000

 

・1年 ¥240,000×12ヶ月=¥2,880,000

 

 

このような計算になり、年収288万が低いとさえ思えてくるはずです。

これを見れば、確かに、

社会生活において「時給1500円」は、最低限度の金額なのではないか?と考えざるを得ません。

 

 

批判を繰り返す人へ

 

 

厚生労働省の発表によりますと、全国の最低賃金の平均は「823円」と非常に安価なものになっています。

しかし、世間では”時給”という言葉を聞いただけで、勝手にアルバイトと思い込み、

正社員でもないくせに偉そうにデモをやるな!』と、事の本質に気づかないまま批判をするのです。

 

批判をしているような人も実は、時給に換算したら、1,500円を下回っている可能性もあります。

周りの人の賃金が上がることに不快な思いをしているのか、

はたまた、このようなカラクリに気づかず、自分は大丈夫とたかをくくっているのかわかりませんが、

経営者でもないのに、経営者の気持ちを勝手に代弁するかのように批判を繰り返すのはナンセンスです。

 

それでもあなたは「時給1500円」を、高いと感じ、批判を繰り返しますか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

経団連会長「賃上げを行なっているのに個人の消費が伸びない・・・」⇒この発言に対し、ネット上では批判の嵐が・・・!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを