”魚型の醤油入れ”はここまで進化していた!実は「ランチャーム」という名前ってご存知ですか?

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

みなさんも、一度は魚型の醤油入れを使ったことがあると思います。

今回は、そんな魚型の醤油入れそっくりなとある商品をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

イタリアの有名ワインなのに・・・

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@ymzkosmさん。

投稿によると、@ymzkosmさんはとあるイタリアの有名なワインを購入したそうなのですが、

それがあまりにもアレに見えるというのです。

 

 

 

 

この形、どこかで見覚えありませんか?

そうです。

お弁当や、お寿司などのパックに付属されている魚型をした醤油入れそっくりです。

ちなみに、この醤油入れの名前は、「ランチャーム」といって、

ランチ」と「チャーム」を併せた造語で、

1957年より旭創業によって製造・販売されている超ロングセラー商品です。

 

 

 

 

 

このワインの正体とは?

 

 

この魚の形をしたワインは一体何なのでしょうか?

これは、ペッシェヴィーノ ロッソといって、イタリアの有名なワインです。

ペッシェとはイタリア語でを意味し、

ヴィーノはイタリア語でワインを意味します。

ちなみにイタリアワインでは、

 

Rosso-ロッソ=赤ワイン

Rosato -ロザート=ロゼワイン

Bianco-ビアンコ=白ワイン

 

という風に分類されます。

 

このボトルは繁栄の象徴である「鯛」を形どられているそうです。

爽やかな酸味とフレッシュでフルーティな味わいが特徴で、

カルパッチョなどの魚介系のお料理や、和食との相性も抜群です。

 

 

お醤油入れは進化している?

 

ランチャームは誰しも使った経験があると思いますが、

実はとんでもない進化をしているのをご存知でしょうか?

何と、魚が巨大化し、水筒として使えるような商品が販売されているのです。

 

 

 

コーラや、黒烏龍茶など、醤油に似た黒っぽい液体を持ち運べば、

 

間違いなく醤油と勘違いされるでしょう。

 

あまりに個性的ですので、どのような層に需要があるのかわかりませんが、

このようなユニークな商品も発売されています。

 

みなさんの中で、気になった方がいましたら、

この水筒や、ワインを購入してみると、周りの人から注目されるかもしれません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

スーパーのお寿司のフタが「醤油の受け皿」代わりに!?画期的なアイディアに賞賛の声。

 

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter