競馬はただのギャンブルではない。馬に寄り添う男性の姿に感動する

この記事は2分で読めます

 

競馬といえば、やらない人かすれば、

ざっくり「ギャンブル」という印象をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな印象を覆すちょっと感動するエピソードをご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

桜花賞

 

 

 

 

桜花賞とは、優駿牝馬(オークス)、秋華賞と並んで、中央競馬の「牝馬三冠」と言われている、大事なレースです。

牝馬(ヒンバ)とはメスの馬という意味で、この桜花賞はじめ、牝馬のレースは毎年多くの競馬ファンの注目を集めています。

事前予想で「死角なし」とまで言われたソウルスターリングという馬を見事に破り優勝したのが、レーヌミノル

予想外のレース展開に多くの競馬ファンが驚愕しました。

最後まで何が起こるか分からない、ドラマのようなレース展開の中、もう1つのドラマが隠されていました。

 

調教師の涙

 

以下の写真は、優勝したレーヌミノルの調教を担当した、中井仁調教助手。

馬の体に寄り添い、する姿が印象的です。

調教師は、馬の身の回りの世話や健康管理などを行う、いわば馬にとっての親代わりのような存在です。

また、中井調教助手にとっても、レーヌミノルは娘のような存在なのかもしれません。

涙し、レーヌミノルに寄り添う姿は、娘の晴れ姿を祝福し、感動する父親のように思えます。

 

 

 

 

競馬は単なるギャンブルではありません。

 

勝敗以外にも、このような人間と馬の感動するドラマが隠されているのです。

このようなエピソード競馬にはたくさんあります。

気になった方は馬券を買って競馬場に足を運んでみると、

リアルでこのよなドラマのよな体験が、できるのかもしれません。

 

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

【※感動】たった1ページで表現される「姉」をテーマにした漫画が泣けると話題に!!!多くの姉弟たちが共感した名作がこちら・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを