養護学校でサッカーをする”キングカズ”に対し「好感度上げようとしてますか?」と質問した記者。この後とんでもないことが!!!

この記事は3分で読めます

 

日本のサッカー界において、レジェンドと評されるのが、

50歳になった今もなお現役でプレーされている三浦知良選手です。

今回は、そんなキングカズこと三浦知良選手がキングたる由縁をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

日本サッカー界のレジェンド

 

 

”キングカズ”こと三浦知良選手は学生の時からサッカーが特別上手だったわけではなく、

地道な努力を怠らずやり続けてプロサッカー選手になり、日本代表まで上り詰めました。

そして、一時代を築き上げたと言っても過言ではない、言わずと知れた日本サッカー界の“レジェンド”で、

プロのリーグで活躍する選手の中では世界最年長です。

この活躍ぶりは日本だけでなく、海外メディアでも取り上げられ、

今や世界の“レジェンド”として語り継がれています。

 

 

 

養護学校でサッカーを楽しむキングカズ

 

 

そんな、三浦選手がマスメディアなどを利用せず、

数年前に養護学校を訪れ子供たちとサッカーを楽しんでいた時の話です。

通常、有名選手などが擁護学校などに訪れる際は、

マスメディアを通し、ある種のパフォーマンスのようのな形で行いますが、

三浦選手は違っていました。

 

何と、マスメディアを通さずに養護学校何回も訪れていたのです。

三浦選手は、たとえ記者が張り付いていても、

いつもと変わらぬ様子で練習着に着替えて、

障害を持つ子供たちとグラウンドに行き、楽しくサッカーを始めるのだそうです。

 

中には、うまく歩けない子供もいるそうで、

何回も何回も転び、その度に諦めずに立ち上がり、再びボールに向かい走り出す姿を目の当たりにしたそうです。

いつしか取材に訪れていた記者も、その子に釘付けとなり、その子を撮り始めました。

そして終わりを迎えた頃、三浦選手は、着替え終えて子供たちに満面な笑みで手を振りながら、

今日もありがとう」と言って車の方に向かったのです。

 

 

好感度上げようとしてますよね?

 

 

帰宅途中の三浦選手に対し、記者はインタビューを敢行。

このような質問を投げつけますが、思いもよらない答えが返ってくるのです。

 

記者:「カズさん、お時間よろしいでしょうか?

こうした施設に何回か訪れ、子供たちとサッカーをしてあげるということは、何か狙いがあるのではないでしょうか。

好感度を上げようとしているもしくは、人気取りとかでしょうか?」

 

三浦選手:「僕が彼らに何かをしてあげてるって?いいや!そんなことはない!

逆に僕が何かをもらっているようには見えなかったかい?

 

 

三浦選手はこのように話し、車を走らせ帰宅しました。

 

三浦選手が帰った後、記者は自分が撮影したテープを巻き戻してみることにしました。

そこに映っていたのはいたのは何と、

 

何度も何度も倒れながらもボールに向かっていく養護学校の生徒の姿だったのです。

 

 

キングたる由縁

 

 

記者の方も自分が撮影した映像の内容を忘れてしまうくらい、集中していたのでしょう。

もちろん、ほとんど三浦選手の姿は映っていなかったそうです。

三浦選手は自分よりも、彼らから与えられているものの方が大きい

ということをしっかりと意識しているのです。

 

これがキングが”キングと呼ばれる由縁です。

 

私生活から、サッカーに関わらず全ての物事を尊敬し、

どんな状況でも自分に足りないものを吸収しようとする姿勢。

我々も、見習うべきところはたくさんあるように感じます。

 


スポンサーリンク



 

 

 

あなたにオススメの記事

 
【衝撃】あの愛妻家芸人が語る「絶対に浮気しない理由」がSNSで話題に!!
 

 

error: You never click here!!