「番組で紹介してやるから、商品を無償で送れ!!」某テレビ局から寄せられたメールがあまりにも酷すぎる・・・

この記事は3分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

マスメディアの影響力は計り知れません。

番組内で一度商品が紹介されれば、ヒットしたり売れ行きが好調になるなど、抜群の宣伝効果が期待されます。

今回は、そんなマスメディアの汚い報道の裏側をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

番組で使いたいから、商品を無償で送れ

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、応量器をはじめとした漆器屋、漆器専門家である@kotaniguchiさん。

投稿によると、某テレビ局のスタッフから@kotaniguchiさん宛にメールが届いたそうなのですが、

その内容があまりにも酷すぎるというのです。

 

タダでよこせ

 

 

確かに”それくらい”のものなら、払ってもいいと思います。

すごく上からで傲慢な態度は、とても好感が持てるとは思えません

 

 

応量器の写真送れ

 

 

ものを送ってもらうという親切な行為を提案されたのにも関わらず、

手間がかかるからという理由で、これもあっさり断られてしまうのです。

さすがに、これは傲慢すぎるでしょう。

 

 

音沙汰なし

 

 

この方は、応量器を作ることが専門ですので、写真を撮るということは基本的に専門外です。

よっぽどメディア関係者の方が写真や映像に関しては詳しそうですが…

 

メディアは世間の代表ではない

 

 

まさにおっしゃる通りです。

メディアに出たから何なのか?

世間を代表していると高飛車な態度で、一般の方を雑に扱うのは許せません。

 

 

応量器とは

 

 

では、今回話題となっている応量器って一体何なのでしょうか?

応量器とは、禅宗の修行僧の食器で、大きさが少しづつ異なる器を入れ子にして収納するもののこと言います。

材質は鉄または土が本則とされ木製は禁じられていますが、

漆をかけたものは鉄製とみなすとして一般には黒塗りの漆器なのです。

気になるお値段は、安価なもので1万円〜、

高価なものになると10万円前後する、大変貴重な代物です。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●真面目にやってるところもあるんだろうけど、こういうのって本当に目立つよな

 

●いっそ、局名晒して世間に知らしめなきゃダメだろ?

 

●「画面に数秒映るだけで数百万の価値あるんだ」っていうテレビ局の一般人に配慮しない傲慢でしかない。

 

●全くいつの世も偉そうな態度なのがめちゃくちゃ腹たつわ

 

 

など、傲慢すぎる態度に数多くの批判が寄せられました。

 

テレビ局なんだからあたりまえだという、傲慢な体質が蔓延している現状では、

このような悪質な対応は無くなることはないでしょう。

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにオススメの記事

 

【※拡散希望】無断で写真を撮り、逆ギレしてきた胸糞悪いマスコミ関係者・・・こんな無礼な奴は早く捕まって欲しいとネットが騒然に!!

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter