ペットショップで”売れ残った”動物たちはどうなるのか?

この記事は2分で読めます

 

ペットショップにはたくさんの可愛い動物たちがいます。

しかし、不思議なことに、ほとんどが子どもであるのにお気づきでしょうか?

今回は、ペットショップで売れ残った動物たちの可哀想な末路についてご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

ペットショップで売れ残ったらどうなるの?

 

 

ペットショップに陳列されている動物たちは基本的に子どもであることがほとんどです。

なぜならペットは、年が若ければ若いほどお客さんから人気であるからです。

生まれてから半年以上も経過する頃には、誰も買い手がつかなくなるそうです。

そうして売れ残ったペットは、ショップのスタッフが引き取ったり、

良識のあるショップであれば里親を探してもらえることもあります。

しかしながら現状では、悪徳業者が個人名義で保健所に殺処分を依頼したり、

山中に放置したり、冷蔵庫に入れて殺すというケースも少なくないのです。

 

 

殺処分は安楽死とは違う

 

そんな現実がある一方で、無責任な飼い主のせいで、保健所に持ち込まれるペットたちも増え続けています。

保健所が新しい飼い主を探してくれるだろう」「殺処分は安楽死だから動物は苦しまないだろう

という非常に甘い考えを持っている人も中にはいるようです。

ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、

殺処分される動物たちは毒ガスによって窒息死させられます。

 

 

最期が訪れるまでの5~10分もの間、ペットたちは苦しみ続けることにまります。

このようにして全国で殺処分されるペットたちは1日1000頭あまりもいます。

これが日本の悲惨な現状です。

 

このグラフでは、殺処分数や保健所への返還率を表しています。

統計を取った年から見ると、緩やかに右肩さがりの推移を示しています。

しかしながら、未だに合わせて15万匹もの犬や猫たちが殺処分の犠牲になっているのです。

 

 

 

 

ペットショップで命を衝動買い!?

 

 

ペットショップで動物たちをガラスのケースに入れて販売するこの行為は、

彼らにとって非常に強いストレスとなります。

こうしたショップで販売されている子たちは、

親や兄弟からの愛情をそそがれずに育つため、性格がひねくれていたり、明るくなかったりします。

それは、幼い頃からずっと一人孤独にガラスケースの中で生活し続けているからです。

また衛生状態の悪いケースで長期間飼育されるために、病に侵されてしまう場合もあります。

セール等で安くなっていたため購入をしたろところ、

すぐに死んでしまったというケースもよくあります。

 

 

 

あなたは、ペットショップで店員さんから

この子抱っこしてみませんか?」と言われたことはありませんか?

ペットショップの裏側では「客に抱っこさせたら勝ち」と言われています。

そして、この行為はペットの衝動買いを促すための卑劣な手法なのです。

 

ペットとはいえ、尊ぶべきひとつのであることに変わりはありません。

その命を衝動買いすることの愚かさや危険さについて、

我々はもっと真剣に考えなければいけないのではないでしょうか。

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

子「この犬喋らないからいらない」親「それじゃ殺処分しよう」⇒鬼畜すぎるとネットで大炎上!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを