”元 SMAP中居正広”の野球愛!!WBCでの貢献度がすごい

この記事は3分で読めます

 

野球の世界一を決めるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、

侍ジャパンの愛称で親しまれる日本代表が、

予選ラウンドを無敗で決勝トーナメントに駒を進めました。

そんなWBCでひときわ目立っているのが、元SMAPの中居正広さん。

今回はWBCでの中居正広さんの活躍ぶりをまとめてみました。

 

 


スポンサーリンク



 

 

中居正広の活躍ぶり

 

 

 

中居さんはWBCの試合をカメラマン席の隣で観戦しています。

グラウンドでプレーする選手の人たちと近い視点でコメントするという「ゲストコメンテーター

という役を務めており、『グラウンドレベル中居』という愛称で呼ばれています。

野球に関する基礎知識はもちろん、選手たちについての情報量を豊富にお持ちの中居さん。

視聴者のためになる情報をこまめに伝えるなど、その役割を全力で果たしています。

 

2015年に行われた野球の国際大会『WBSCプレミア12』のベネズエラ戦では、

相手チームの守備が”内野5人シフト”という特殊な守備陣形になっていることに、

実況席にいる実況者や解説者が全く気付かないという出来事がありました。

しかしながら、中居さんだけはいち早くその異変を察知。

すぐさま実況席に伝えるというファインプレーをしたことも話題となりました。

 

 

アイドルとは思えない取材量

 

 

 

中居さんの球場での侍ジャパンの選手たちへの取材現場の裏側について、

お笑いコンビ爆笑問題の田中裕二さんが、自身のラジオ番組で明かしました。

愛する野球に関わる仕事ですので、

中居さんも楽しみながら取材をしていると勝手に想像しがちですが、

実際のところそうでもないようです。

爆笑問題の田中さんは、

3月12日に行われた「日本対オランダ戦」観戦のために東京ドームを訪れていました。

 

その際に目に映った中居さんの仕事ぶりについて、

TBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』で、このようにコメントしています。

 

TBSだろうがテレ朝だろうが、中居君はずっといますから。

メモ帳持ってさ、取材とかをこまめにやってんのよ。選手にいろいろ…

もう大変だよ。全然楽しめないよ、やっぱ試合中は緊張しちゃって。

試合はもちろん集中して見れるけど…

すごい中居くんもプレッシャーもあるだろうしね。

出典:JUNK 爆笑問題カーボーイ

 

と、中居さんの想像を絶する苦労をねぎらい、仕事に対する姿勢を称賛しています。

 

国民的アイドルのなだけに、現場でもそれなりに融通が利き、

和やかな雰囲気で取材をされているのかと思いましたが、

実は、かなりの責任感を持って取り組んでいるようです。

 

 

選手へのプレゼントもすごい

 

 

 

侍ジャパンの選手たちが、試合後のインタビューを受けている際や、球場入りをする際に

必ずと言っていいほど同じデザインのヘッドホンを装着しています。

これは中居さんが侍ジャパンの選手たち全員に、

約4万円相当の「BOSE」製の高級ワイヤレスヘッドホンをプレゼントていたのです。

中居さんからしてみれば、試合前に好きな音楽を聞き、

少しでも集中力を高めてほしいという想いがあるのだと思います。

さらに、このヘッドホンには選手それぞれの背番号と名前入りという特注品

中居さんの底知れぬ野球愛が伝わってきます。

 

 

WBCで侍ジャパンの選手たちが、のびのびとプレーができ、

出来すぎとも思える結果を残せているのも、

国民的アイドルとは思えない中居さんのでのサポートがあるからかもしれません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめの記事

 

 

WBCで幻のホームラン打球を獲った少年⇒これに対して山田哲人が放った一言がカッコよすぎる・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!