日本人女性が「男性に3歩下がってついていく」驚きの理由

この記事は2分で読めます

Share on Facebook1.8kTweet about this on Twitter

 

昔から日本の女性は、「男性から3歩下がってついていく様な人が望ましい」

と言われてきました。

みなさんはこの理由がなぜなのか分かりますか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

3歩下がってついていく

 

みなさんは「3歩下がってついていく」という言葉を耳にしたことがありますか?

耳にしたことある方の中には、

「男を(後ろから)立てる」「男を(後ろから)支える」「しおらしくする(控えめで従順)」

というニュアンスで捉えている方が多いと思います。

これはなぜかというと、「男は働き女は家庭を守る」というのが常識だった昔の時代の中での、

理想像にぴったりだったからと言われています。

しかし、本当はこれは全然違うの意味なのです。

 

 

本当の意味とは!?

 

 

日本女性の『3歩下がってついていく』という言葉は、

男性が女性を「守る」という強い意志を持って込められた言葉です。

これの本当の意味とは・・・

 

『お前の身に何かあったら、(俺が守るから)お前だけでも素早く逃げろ!!』

 

というものです。

いざ彼女の身に何かあった際、自分が敵と対抗している間に、

後ろに逃げろという意味だったのです。

女性の素晴らしさの特徴を表す言葉ではなく、

男性側から大事にされている事を表している言葉と言われています。

 

ちなみにこの言葉は”三歩”ではなく、”三尺”以内というのが正しいみたいです。

なぜ三尺なのか。

これは敵に襲われた際に、男性が刀を振り回した時に奥さんに当たらないための範囲が、

ちょうど三尺だからだそうです。

非常に男らしい言葉で、よくできてるなと感心します。

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

 

 

 

 

 

 

など、女性に対する粋な計らいを称賛する声が多く寄せられました。

 

男気溢れるかっこいい言葉であるため、知らなかったという方が多いのではないでしょうか?

もしも女性が、このような言葉を言われたら、

本来の意味を知っているのか尋ねてみるのもいいかもしれません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

あなたにおすすめ

 

女性に対して『女子力が高い』と評するのは性差別だ!!⇒この指摘が共感しかないとネット上で話題に・・・

 

 


Share on Facebook1.8kTweet about this on Twitter