「ブルーベリーで視力回復」は全く根拠なし!?医学的根拠がないことが判明

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

視力回復に良いとされる食べのもの代名詞としてよく名前が上がるのが、ブルーベリーです。

しかし、このブルーベリーに視力回復の医学的根拠が全くないことが明らかになりました。

 

 

 

ブルーベリーで視力回復はできない!?

 

15万件超という世界トップクラスの眼科外科手術実績を誇り、

欧米の医師からは“世界一の眼科医”と讃えられる、

深作眼科理事長の深作秀春医師がは次のように述べています。

 

 

医学的な根拠が認められません

ブルーベリーの一種であるビルベリーには『抗酸化作用』があるといわれていますが、

それも“目に良いかもしれない”といったレベルの報告しかありません

 

出典:livedoorNEWS

 

なんと、ブルーベリーでは視力回復は望めないのです。

これには驚きです。

 

 

目の使いすぎには「温タオル」が有効

 

 

ブルーベリーで、視力回復はできないことは明らかになりましたが、

眼精疲労などはどのように緩和すればいいのでしょうか?

深作医師によると、

 

目が疲れたと感じたら、温かいタオルを目蓋の上に乗せて温めると、

毛様体筋の緊張が解れてリラックスでき、調節力の改善が見込めます

出典:livedoorNEWS

 

とのことです。

温タオルが有効なのですね。

少しでも目が疲れたと感じたら、濡れたタオルをレンジで温めるなどした、

蒸し(温)タオルを目の上に乗せるだけで、

緊張が緩和され、リラックスできるのだそうです。

 

 

目をこするのもNG!?

 

 

目は非常に繊細で、外界からの刺激にめっぽう弱く、

痒かったりしてこすってしまうと、ピントを合わせる調整力が低下してしまいます。

そして、こするという行為が「老眼」を進行させてしまう場合があるそうなのです。

深作医師は、

 

 

花粉症やアトピーになると頻繁に目をこするからなのか、調節力が落ちてしまうケースが少なくない。

重度の花粉症に悩む20代の患者が老眼になってしまったというケースがあります。

同様に、紫外線やパソコン、スマホの画面から出るブルーライトは水晶体にダメージを与え老眼を進行させるだけでなく、

角膜や網膜も傷つけます。日頃からサングラスや保護メガネで目を守ることが大切です

 

出典:livedoorNEWS

 

との見解を示しています。

 

みなさんも目のこすりすぎには、注意した方が良さそうです。

 

 

関連記事

 

【明日から使える】こんな使い方があった!!マウスウォッシュの意外すぎる使い方9選!!(※専門家実証済み)

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter