トラックの「運転席の上の部分」には何が隠されているのか?

この記事は2分で読めます

 

大型トラックなどの運転席の上の部分には、

必ずと言っていいほど、出っ張りのような盛り上がってる部分が存在しています。

今回は、その部分の知られざる用途についてご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

知られざる用途とは

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@PERUTANIさん。

投稿によると、実はあそこの部分は、寝室だそうなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは驚きですね。

長距離のドライバーを配慮した素晴らしいスペースだと思います。

これはスーパーハイルーフといって、必ずしも寝室が備え付けられているとは限らないそうです。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

スーパーハイルーフ車ね。

シート倒れんからキツイよシート倒れる標準のベット付きキャビンが良いね。

ただモッコリしてるからスーパーハイルーフかって言うとそうでも無いよ。

冷凍機を隠したり空気抵抗を減らす目的のものもある。

 

●これは知らなかったなー。運転手さんに優しい

 

●結構広いじゃない。

寝るのには十分なスペースだな!寒そうだけど。

 

など、意外性のある活用法に驚きの声が上がりました。

 

 

当サイト調べによると、荷台への空気抵抗を軽減するためにつけられていたパーツが、

一部のトラックで仮眠スペースとしての役割も兼ねるようになったそうです。

長距離運転手の仮眠を手助けする、素晴らしいアイディアですね。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

あなたは薬剤師の本当の役割を知っていますか?処方箋を出すだけじゃない!?薬剤師の知られざる役割を大公開・・・!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを